忍者ブログ

隣のエイリアン 第十章





第十章 先輩と後輩


 


部屋(と言うか、家というか、未だによく分からない)には「父親」がいて、パソコン(デスクトップ型である。)に向かっていた。彼は私たちを見て驚いた顔になったが、驚いたのは娘たちも同じだった。こんな平日の昼間に「大人」が在宅しているのは想定外だったのだろう。


「あ、い、いらっしゃい」保(我が「父親」)は言った。


「あ、お、お邪魔します」


リーダーで、タマコと呼ばれた娘が言って頭を下げた。


「お邪魔しまーす」


「お邪魔しまーす」


他の二人も続く。


「どうぞ、上がってください」


私の言葉に娘たちは靴を脱いで上がった。


私の部屋に入ってドアを閉めると娘たちは大きく吐息をついた。


「親父が家にいるなんて言わなかったじゃねえか。ったくあせったぜ」


タマコが言った。


「息子が女3人連れ込んで、あっちもあせったんじゃないですかね」


もうひとり、こちらはやや細面で背の高い方が言った。


「さすがに、こりゃあ、エッチはできませんね」


他のひとり、丸顔のほうが言った。


「まあ、ゲームでもしようぜ」


タマコが言って、3人は大人しくゲーム(いわゆるアクション型RPGと言うものだろう。)を始めたが、そのうち興奮して大声を出し始め、ゲラゲラ笑ったりし始めた。なるほど、人間にはこういうのが面白いのか。


私は娘たちを放っておき、自室を出た。


パソコンデスクの前の保(我が「父親」)は、困ったような顔をして私を見た。


「おい、お前、あれは3人とも友達か」


「ああ、そうだよ」


「あれは、原幕高校の女生徒の制服だぞ」


父親は父親なりに原幕高校のことを調べていたみたいだ。


「さっき、美郷公園で知り合ったんだ」


「知り合ってすぐに家に呼ぶとは、お前もやるなあ」


「変かな」


「いや、変じゃあないが、少し羨ましいぞ」


「親父も女が欲しいのかい」


「ば、馬鹿、女がほしいなどと下卑た言い方をするな。ただ、母さんが亡くなってからもう十年以上になるなあ、と思ってな」


(これは私が彼に与えた「捏造記憶」である。)


「まあ、親父もそのうち再婚したらいいさ」


「いや、俺はお前を育てるのが最優先だ」


(これは捏造記憶から彼が勝手に作り上げた「意思」である。「自由意志論」など脆いものだ。)


「何か飲み物でも持っていこうか」


「あ、そうだね。お願いします」


前に言ったように、我々はほとんど水分補給の必要性が無いので、人間が絶えず飲み物を飲む生物であるのを失念していたのである。


部屋に戻ってしばらくすると、「父親」が、お盆にコップ4個と清涼飲料水(ジュースとコーラとアイスティーのボトルである。)と菓子皿に入ったお菓子数種類を持って入ってきた。


「あ、済みません」


タマコが言うと、他のふたりも「済みませーん」と声を揃える。


「あんたたち、原幕高校だよね」


と「父親」が言うと、3人は顔を見合わせ、中のひとりが顔を伏せて小声で「やべ、ばれた」と言った。


「こいつも今度原幕を受験する予定なんで、もし合格できたら仲良くしてやってください」


と「父親」が頭を下げると、娘たちは「こちらこそ、よろしくお願いします」と答えた。


 


「1年後輩かあ。こんなにでけえのに中三かよ」


「父親」が部屋を出て行くと、丸顔で小柄な(体つきはふくよかな)方が言った。


「アタイより40センチは高いよなあ」


「何か、スポーツやってたんか」


と背が高く細面の方が言った。


どうやらゲームを続けるのはやめて、こちらの「身元調査」に切り替えたらしい。


「背が高いから、バスケットかバレーだな」とタマコ。


私はスポーツ番組はまったく見ていないので、バスケットもバレーも詳しくは知らないが、ニュース番組の最後のスポーツコーナーで少し見たことはある。


「いや、スポーツはまったくやっていません」


「それでも男かよ。まあ、見た時から、何となく弱っちい感じはしたがな」


タマコが言った。


「でもまあ、顔はいいよな」


と続けたタマコの言葉に勢いを得たように、他のふたりが同感した。


「そうだよなあ、実際、うちの高校でお前に勝てるハンサムはいねえと思うぜ」


と細面。


「お前、彼女いるのか」


と小柄の太目。


彼女という言葉が単なる3人称ではなく、恋人の意味であることくらいは分かる。


「今はいません」と言って、私は自分でもおかしくなった。


「今は」と「いません」が頭韻というか、洒落っぽいと思ったのと、そもそも彼女などいたことは無いからだ。前に言ったように、我が星には「恋愛」の概念が無い。


「あ、笑った。怪しい」


と娘たちは言って笑った。


 


「ところでさ、さっきのカネは返しとく。同じ高校の生徒をカツアゲしたんじゃあ、停学されそうだし」


タマコがスカートのポケットから先ほどの十万円を取り出して私に返そうとした。


「いや、結構です。お近づきの印に、何か皆さんで使ってください」


「お前、気前がいいなあ。ありがてえ。じゃあ、ひとり3万円で1万円は返すわ」


その場でカネを配分して娘たちは引き上げたのである。


















拍手

PR

犯罪の才能


事件そのものは別として、瞳に写った景色から住所を特定するというのが、アメリカ映画の犯罪物(犯罪側でも捜査側でも)にありそうで、実に「今風」である。今風とは言っても今勉風ということではない。まあ、彼のアニメにあってもおかしくはないが。
この犯人は、捜査側の人間になっても才能がありそうだ。少なくとも、その執念と作業能力が凄い。
フランスの警察の創始者的存在であるヴィドック(と言ったか)は、もともと犯罪者で、犯罪者の手口に詳しいことから政府に雇われて犯罪捜査に大きな功績を挙げたのである。まあ、日本の目明しも現実には犯罪者まがいの人間がほとんどだったらしく、犯罪者はいい捜査者になれるというのは洋の東西を問わない。
犯罪には才能と努力(犯罪者としての研鑽)が必要で、怠け者には向かない。正直で、法に触れないのが一番気楽な生き方だ。そして、才能があり、努力家の犯罪者が一番怖いwww









 アイドル活動をする20代の女性にわいせつな行為をしたとして警視庁が逮捕した男が、被害者の住所を特定するため、会員制交流サイト(SNS)に投稿された女性の顔写真から「瞳に映った景色を手掛かりにした」と供述していることが8日、捜査関係者への取材で分かった。


 多くの芸能人らがファンとのコミュニケーションツールとして日常的に利用するSNSの思わぬリスクが浮かんだ。


 SNSの女性の顔写真で瞳に映った駅の景色を確認し、検索大手グーグルのサービス「ストリートビュー」で特徴が似た駅を発見して待ち伏せ、後をつけて自宅マンションを割り出したという。













拍手

六分の狂気、四分の熱


「本人はうさちゃんだと言っている」というコメントもあるが、「八頭馬鹿村」じゃない、「八つ墓村」を知らない子供世代にはうさちゃんと思われるのではないか。だが、オールド世代には八つ墓村のイメージしか浮かばないわけで、これは凄いことだと思う。
山崎努のあの姿は、原作通りなのか、それとも原作の元ネタとなった事件でもあの恰好だったのか分からないが、実に鬼気迫るもので、まあ、頭の鉢巻きに懐中電灯を鬼の角のように二つ挿すというのが、常人では思いつかないことだ。なお、病弱で徴兵されなかった非モテ青年が戦時中の男不足で女にモテて、その女に振られて逆上した事件だと私は理解しているが、そういう男には、「持てないってのは、何て気が休まるんだろう」という吾妻ひでおの作中人物の言葉を贈っておく。
なお、ブログタイトルに使ったのは与謝野鉄幹の詩による「人を恋うる歌」の一節、「六分の侠気 四分の熱」の洒落で、狂気の病人の事件という含みである。

さんがリツイート

今月のののちゃんカット、八つ墓村ではなく、リレーのバトンの予備です。無理ありすぎ。







(夢人追記)さきほど見つけたので貼っておく。実に素晴らしいビジュアルであり、夢魔の世界である。実は私は「八つ墓村」は未見だが、このシーンだけでも腹いっぱいだ。










拍手

沖縄(石垣島)に学ぶ台風対策

「石垣島ラボ」というサイトから転載。
台風に不慣れな本土の人たちには非常に有益な記事だと思う。
長い記事なので、分けて載せるかもしれない。

(以下引用)とするつもりだったが、不要部分(アフィリエイト目当ての広告部分)の画像が多いので、その記事の所在を知ったツィッターだけ転載する。そこから飛べばすぐに元記事に行ける。



さんがリツイート

今回の台風かなり危険!
石垣島の人もやばいていうくらい危険!

水は20リットル以上確保!食料は乾麺や缶詰を中心に1週間分、トイレットペーパーや紙おむつ粉ミルク等の消耗品も今から買い出しして台風対策を!

どう対策したらいいか分からない人はとにかくこれ読んで!







拍手

これでなぜ一つなのか

都道府県というのは、地図の一部に収まっていれば何も感じないが、1県だけ切り取ると異様な形である。特にこの福井県というのは、これで一つにまとめる必要性はあったのか。どう見ても、上(北・怪獣の頭部)と下(南・怪獣の首から下)を別の県にすべき形態だろう。
少なくとも、下の部分は、隣接する南側の県(京都府か? 滋賀県か?)と合体しているのが自然に思える。



さんがリツイート

【今日知った事】福井県はビラ星人に似ている。










拍手

隣のエイリアン 第九章






第九章 招待された客たち


 


もちろん地球人が我々とは違うとは言っても、「顔の貸し借り」はできないだろうと思ったから、「顔を貸せ」がいわゆる「慣用句」だろうな、ということはすぐに理解したが、それがどういう意味かはまだ分からなかった。


だが、娘たちが先に立って歩きだしたので、私に何か用があるのは確かだろうと判断して私はその後に付いて行った。


「たらたらしてんじゃねえよ」遅れて付いて行く私に、娘のひとりが後ろを振り向いて言った。


これも「慣用句」だな、と思い、その口調から、私は自分が叱られたのだと判断したが、なぜ叱られたのかは分からない。「タラ」というのは魚の一種だと思うが、それが重なって「タラタラ」というのは何か。また、それが「タラタラする」という動詞になるのはなぜか。


まあ、後でその言葉の意味は聞けばいい。


 


娘3人は、公園の一番奥まったところで立ち止まり、私の方を向いた。


私には地球人や日本人の顔の美醜は分からないが、3人ともテレビの歌番組に出るBKA48のメンバーにいそうな顔である。それが日本人の娘の平均的な顔か、特別な顔かは分からない。私には、テレビで見た娘たちや目の前のこの娘たちの顔の微細な違いは分かるが、その「優劣」は分からない。ただ、この娘たちの視線が鋭く、あまり友好的な表情ではないことは分かった。その中のひとりが「リーダー」という存在だな、というのが何となく分かったのは、人間は複数になると必ず上下関係を作る、ということをこの前から意識して、テレビドラマや映画などを見ていたためだろう。つまり、何のためらいもなく(他者の承諾なく)発言・行動するのはリーダーで、他のふたりは何かの言動をする前に必ずそのリーダーの顔(表情)の確認をすることが、その後の事態の進展で分かったのである。


 


「おい、お前(「おめえ」に近い発音をした。)、高校生か」


「いや、まだ高校には入っていません。休学中です」(英国と日本の学制のタイムラグ期間はそういうことになるのだろう。)


「何だ、どっか悪いのか。それともサボりか。引きこもりか」


「ええと、どうでしょう。よく分かりません」


「まあ、引きこもりがこんなところをうろついちゃあいないか。ところで、カネは持っているか」


「はい。持ってます」


「財布を出しな」


私は財布を出した。


「お、すげえ持ってんじゃん。20万くらいあるな。半分もらうぜ」


「全部いただきましょうよ」と他の娘が言った。


「まあ、半分で十分だ」


私は笑った。「半分」と「十分」が、いわゆる洒落というものだと思ったのだ。


「何がおかしい。全部貰ってほしいのか」


「必要でしたらどうぞ」


「変な奴だな。まあ、気に入った。少し付き合え。ゲーセンに行こう」


「ゲームがやりたいなら、僕の部屋にもありますが」


「おっ、ご招待かい。どうせスケベでもしようってんだろ」


私の部屋にゲーム機があるのは事実で、それでネットテレビなどを見たり、有名なゲームをしたりしているのだが、正直言って、ゲームというのは小説以上に理解ができないものだった。つまり、何が面白いのか分からないのである。


「タマコさん、男1人に女3人ですか?」


「こいつが持たねえか。まあ、このお坊ちゃんがどんな家に住んでいるか、見たいじゃないか」


「家じゃなくて、部屋です。マンションとか言いますね」


「マンションってのは家じゃねえのか。そう言えばそんな気もするな。で、ここから近いのか」


「歩いて行けます」


「なら話は簡単だ。行こうぜ」



















拍手

差別された側が差別を逆利用してカネと権力を得ること

「逝きし世の面影」の記事の一部だが、下手をすると差別側に加担する可能性のある危険な内容だ。つまり、被差別側が、その立場を逆利用してカネや権力を得る、という話なのである。もちろん、カネや権力を得るのはその中のほんの一部のヤクザ的連中で、ほとんどの人は差別されるだけの悲劇の人生を送るわけだろう。
ただし、例のK電の収賄問題は、差別問題とは無関係に、単なる背任事件である。

(以下引用)記事全文はコピーできないので、元記事参照のこと。

「原発はね、深いんだ。わからないよ、なかなか。いろいろあるから。ほんと、いろいろとね…」

2019年10月04日 | 部落解放同盟

37年前(1982年)の日本共産党の月刊誌「前衛」8月号の記事から一部を転載


テレビや新聞など大手メディア全員が『タブー』として怖がって報道しない『不都合な内容』を、共産党だけ昔(30年以上前)は報じたので選挙のたびに倍々ゲームで党勢(議席)が拡大したのである。(ところが、共産党がタブーを報じ無くなった途端、それまでの躍進もピタリと止まる)
★注、
理由は不明だが30年ほど前から徐々に共産党『赤旗』は既存メディアとまったく同じことしか報じなくなる。左翼の共産党が右傾化し沈黙する中で、逆に右翼メディアが報じる『左右の逆転現象』が起きているのですから情けない限り。(わざと負けて自公を応援しているとしか思えない、今の日本共産党の穏健化が不可解である)


     蓮池透 @1955Toru   

「原発はね、深いんだ。わからないよ、なかなか。いろいろあるから。ほんと、いろいろとね…」

森山氏「発電所を運営できなくしてやる」。どう考えても金品を要求するセリフだ。関電は、恫喝を金品の返却ができなかった理由にしているが、腑に落ちない。原発利権の深淵を徹底的に解明すべき。

「お前なんかいつでも」浮かび上がる元助役と関電の関係:朝日新聞デジタル


★注、
科学の最先端技術に見える原子力発電は核分裂で発生した熱量の3分の1しか利用できない(3分の2は温排水として無駄に環境に放出する)半世紀以上前の遅れた技術体系だった。
ところ
が我が日本国ではもっともっと極端に古い。『菓子折りだと思ったら中身が小判』だった桜吹雪の金さん(北町奉行の遠山金四郎伝説)のような関西電力の原発利権ですが、これは王政復古以前、150年以上前の18世紀の士農工商の身分制度(封建制)の江戸時代にタイムスリップしていたらしい。  (^_^;)  






拍手

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
7 10
17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析