忍者ブログ

古典の花園


第四章 ユーモアとパロディ

 前の章が悲哀感に満ちた歌ばかりでしたから、ここでは笑いのある古典を紹介しましょう。ただし、ここで紹介する古典は、それに先行する古典のパロディがほとんどですから、その関係がわからないと何が面白いのかわからないと思います。かつての日本人の笑いは文化的伝統を共有していることを前提としており、現代の我々から見れば、庶民に至るまで高度な文化的教養があったという感じがします。それはもちろん、鼻持ちならないスノッビズム(文化的俗物臭)に堕すこともあるのですが、現代のように教養の共有が無く、会話や笑いから教養が消えてしまった時代から見ると、ひどく羨ましいものに思えます。

1 
歌詠みは下手こそよけれ。
あめつち(天地)の動き出してたまるものかは。 (宿屋飯盛)

 狂歌は、和歌の形式で笑いを狙った作品ですが、たとえば万葉集にある、大伴家持がやせっぽちの男に、夏痩せに効くという鰻でも食いなさい、という歌を詠み、ただし、鰻を取ろうとして川に流されるなよ、と詠んでからかったのは狂歌に近いものです。1の歌は、もちろん、古今和歌集仮名序の有名な一節のパロディで、力も入れないで仏や神を感動させ、天地をも動かすのが歌である、と述べた仮名序に対し、歌で天地が動き出してはその上で暮らしている人間はたまったもんじゃない。ならば、下手な歌詠みのほうがましだ、とからかったものです。


 菜(さい)もなき膳にあはれはしられけり。
 鴫焼き茄子の秋の夕暮れ。   (唐衣橘州)

 三夕の歌の一つ、西行の「こころなき身にもあはれはしられけり。鴫立つ沢の秋の夕暮れ」のパロディです。茄子の鴫焼きは、油でいため、味噌をつけた茄子の料理。それ以外におかずが無い膳に、「しみじみと哀れを感じることだ」ということ。古文の「あはれ」は厄介な言葉で、嬉しいにつけ悲しいにつけ心深くしみじみと感じることはすべて「あはれ」なのですが、ここでは秋の夕暮れに対するロマンチックな「あはれ」が、貧相な食卓に対する悲哀になってしまったわけです。


 ひとつとり、ふたつとりてはやいて食ふ。
 鶉なくなる深草の里。  (四方赤良=蜀山人)

 こちらは藤原俊成の「夕されば野辺の秋風身にしみて、鶉鳴くなり。深草の里」のパロディです。もちろん、「うづら鳴くなり」を「うづらが無くなる」(焼いて食ってしまったから)とからかっているわけです。王朝風の美が、食欲の前に敗北したというところです。



 その後(のち)は、こはごは翁竹を割り。(「柳多留」作者不詳)

 これは狂歌ではなく川柳ですが、言うまでもなくこの翁は竹取の翁です。竹の中からかぐや姫を見つけたのはいいのですが、その後は、うっかり竹を割って、中の姫君(か何か)を一緒に割っては大変だということで、翁はこわごわ竹を割っただろう、ということです。古典の世界に現実性を持ち込むと笑いになるわけですが、こうしたフィクションに対する「突っ込み」は現代でも笑いの一つのパターンです。


 芭蕉翁、ぼちゃんといふと立ち止まり。  (「柳多留」作者不詳)

 これも説明不要でしょう。ただし、この川柳の解釈として、旺文社古語辞典では、これを芭蕉が「古池や、蛙飛びこむ水の音」の名句を作った時のこととしていますが、それではあまり面白くない気がします。むしろ、この名句ができたために、その後は、蛙が水に飛び込む音を聞くたびに、また名句ができないかと立ち止まるとしたほうが、人間の助兵衛心を衝いた秀逸な川柳になると思います。「いふと」という表現には、一回きりというより、その度にのニュアンスがあるはずです。 


 おっかさん、また越すのかと孟子言ひ。 (「柳多留」作者不詳)

 言うまでもなく、「孟母三遷」の故事をからかったものです。孟子の母が、子供の教育環境のために三度も引越しをした話が「孟母三遷」ですが、引越しに付き合わされる子供のほうはたまったもんじゃない。きっと、文句の一つも言っただろう、ということです。
 亜聖(準聖人)と言われる孟子も、川柳作者にとってはからかいの対象にしかならないのです。



 卯月八日。死んで生まるる子は仏。  (蕪村)

 これは川柳ではなく、俳句です。真面目な学者さんは、これが川柳に近い句だとは思わないようですが、私から見れば、これは笑いの句です。「四月八日」は、釈迦の誕生日とされています。ですから、この日に生まれた子は釈迦と同じ誕生日であるだけでなく、死んで生まれたなら、最初から「仏」である、というこの句が笑いの句でなくて何でしょうか。(「仏」とは、死者の意味でも用います。)これを現実に即した句だと見れば不謹慎きわまる句ですが、単なるブラックな冗談として見れば、ただ面白いだけの句です。俳句を求道的な芸術と思いこんでいる人間にはこういうお遊びが許せないらしく、俳句に平気で虚構を持ち込んだ蕪村の人気はあまり高くありません。しかし、俳句の中の笑いや虚構性が失われたために、俳句は「面白くない」芸術として、大衆から切り離されてしまったのです。



拍手

PR

古典の花園23 第三章5


 磯の上に生ふる馬酔木を手折らめど、
 見すべき君がありと言はなくに。 (「万葉集」大来皇女)

 花を手折って見せるという行為も、姉弟の間柄よりは恋人同士にふさわしいように思われます。そして、その見せるべき相手はこの世にもはやいないのです。時間的には、2の歌の前後でしょう。おそらく、少し後ではないかと思いますが、末尾の「言はなくに」は「言わないのに」の意味です。当時、死んだ人に逢ったと慰める風習があったようですが、罪を得て処刑された場合には、それをはばかったので、誰も死んだ大津皇子に逢ったと言わない、ということです。

拍手

古典の花園22 第三章4

4 
 二人行けど行き過ぎがたき秋山を、
 いかにか君が一人越ゆらむ。 (「万葉集」大来皇女)

 ここでも、大伯皇女は、「二人」ということをまず思うのです。このような一体感は、大津皇子の歌には見られないように思われます。このような一体感があったからこそ、その喪失感の大きさが耐えがたいものだったのでしょう。「いかにか」は疑問詞「いかに」と疑問助詞「か」の複合で、「いかに~か」(どのように~か)の意味です。訳は「二人で行っても行き過ぎにくい秋山を、どのようにしてあなたは一人で越えるのだろうか」。

拍手

古典の花園21 第三章3


 吾が背子を大和へやると小夜ふけて、
 暁(あかとき)露に吾が立ち濡れし。 (「万葉集」大来皇女)

 この歌は、時間的には1,2の歌よりも前の時期の歌でしょう。私が、この姉の心理に、姉弟の愛を超えた男女の愛を感じるのは、この歌のためです。まず、背子という言葉は兄弟にも使いますが、本来、愛する人の意味で使われたらしい言葉ですし、その弟を見送った後、露に濡れるまでその場に立ち尽くしている姿には、異常なまでの愛情が感じられます。それに対して弟の方は、他の女に贈った歌が数種万葉集に記載されており、姉ほどの愛情があったかどうかは疑問な気がします。それだけに、私には大伯皇女の心情が深く感じられます。「暁」は、夜明け前のまだ暗い時刻を言います。「小夜」は「夜」と同じですが、当時の感覚ではおそらく夜の9時くらいにはすっかり夜がふけた感じがしたでしょうから、それから暁までの長い時間、露がおりるころまで彼女は立っていたのです。これが芸術的誇張ならどうということはありませんが、私には、大伯皇女は本当にそういうことをやりそうな女性に思えます。

拍手

古典の花園20 第三章2

2 
 うつそみの人にある我や、
 明日よりは二上山(ふたかみやま)をいろせと吾が見む。 (「万葉集」大来皇女)

 「うつそみ」は「うつせみ」と同じで、「現実、現世」の意味ですが、同時に「空蝉」つまり蝉の抜け殻のようなはかないイメージを持った言葉です。愛する弟を失った私は、今日からは、弟が処刑されたあの二上山を弟と思って眺めよう、という意味の裏に、自分がもはや蝉の抜け殻のような存在である、という思いがあるように思われます。「いろせ」は兄弟の意味で、弟の大津皇子のことです。

拍手

古典の花園19 第三章1


第三章  大伯皇女と大津皇子(注:以下の文の大伯皇女=大来皇女)

 古来の歌の中で、死んだ人を悼んで詠む挽歌は大きなジャンルの一つとなっています。その中でも、大伯皇女(おほくのひめみこ)が、弟大津皇子のために詠んだ歌は、その痛切さにおいて、他の挽歌には無いものがあるように思われます。これらの挽歌における大伯皇女の感情は、はほとんど姉弟の垣根を越えた愛情のように私には読みとれるのですが、それは深読みなのでしょうか。大伯皇女は伊勢の斎宮であり、男と遇う(古文的な意味でです)ことは許されない身ですから、それだけにいっそう愛する弟の存在が、かけがえのないものだったように思われます。まず、弟、大津皇子が死の直前に詠んだ歌から。

1 
ももづたふ磐余(いはれ)の池に鳴く鴨を、
 今日のみ見てや、雲隠りなむ。 (「万葉集」大津皇子)

 末尾の「なむ」は、完了(強意)の「ぬ」と推量の「む」です。「私は死んでしまうのだろう」という意味になります。磐余の池の実物は、私は見たことは無いのですが、いかにも死を思わせる語感を持った地名です。鴨は渡り鳥ですから、それ自体、別れを連想させるものですが、その別れがこの場合には永遠の別れであるわけです。「ももづたふ」は「い」という音にかかる枕詞です。歌意は単純で、「磐余の池に鳴く鴨を今日を限りと見て、私はきっと死ぬのだなあ」ということです。大津皇子は謀反の嫌疑で、24歳で処刑されました。

拍手

古典の花園18 第二章13

13
 我ろ旅は、旅と思(おめ)ほど、家(いひ)にして、
子持(め)ち痩すらむ、我が妻(み)愛(かな)しも。  (万葉集・防人歌)

 これも方言がきつい歌ですが、その訛りがかえって素朴な匂いとなって歌の情感を高めています。意味は、「防人に行くための、私の旅は旅と考えればいいのだが、私の苦労よりも、家で子供を養って痩せるであろう妻がいとしいことだ」ということです。「も」は詠嘆の終助詞。

拍手

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
7 10
17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析