忍者ブログ

記事減少の理由

最近、あまりブログを書かないのは、パソコンの調子が悪いのか、何なのか、いい記事を見つけてもコピーできないことが異常に多くなったというのが理由の第一である。私はそうした記事に触発されて「書きたい気持ち」が起こるので、コピーができず、記事紹介ができないとなると、自分の記事(思考展開)の意欲も消えてしまうわけである。
まあ、そういうことで、パソコンを買い替えるかどうか迷っているが、記事を書く頻度はこの後も、かなり落ちるだろうと思う。他人の記事を使わず、自分の妄想だけを垂れ流す記事が増えるかもしれない。








拍手

PR

記事公開のテスト

別に持っているブログで、記事を書いて「公開する」を押した途端、記事が全部消えるという「事故」が連続したので、こちらのブログで試してみる。

拍手

「白鯨」掲載予告

10年か15年ほど前書いたまま死蔵していた書き物を偶然見つけて読んでみたら案外面白かったので、ここに載せておく。ただし、社会的事件の感想の合間に書いていくので、毎日連続というわけではない。章ごとの長さも違うので毎回1章というわけにもいかないと思う。何しろ、このブログだと容量問題が大きい。
なお、「書く」と言っているのは、発掘された作品は紙に印刷したもので、電子版のオリジナルは「一太郎」で書いたためか「word」では文字化けしてしまい、再生できないのである。再生する方法もあるのかもしれないが、私は分からない。
作品は私の完全な創作ではなく、ハーマン・メルヴィルの「白鯨」のダイジェスト版である。私の偏愛する作品だが、アメリカ人でもよほどの物好き以外は読んだことがないという作品で、しかし、知らない人でもこの作品にある種のあこがれと好奇心を感じているという古典だ。オーソン・ウェルズもこの作品の映画化を望んでいたが、果たせなくて、俳優として脇役でジョン・ヒューストンの「白鯨」に出演している。なお、その映画化はエイハブ船長をグレゴリー・ペックが演じるというミスキャストのために、成功作とは言い難い作品になっている。成功した部分は、「語り手」役のイシュメール(イシュマエル)をリチャード・ベイスハートに演じさせたことで、この俳優はフェリーニの「道」の道化師のように、平凡な風貌だが重要な意味を持つ脇役をやらせると上手い。
なお、作品は完全なダイジェストではなく、私の創作部分がほんの少しだが入っている。それは、ピークォド号という船を「世界人類共同体」の象徴と述べた部分で、これは原作にはもちろん無い。だが、現代の視点から見たら、そのように見えるのである。そういう意味では「白鯨」は現代的な意義をも持つ作品だと思う。
ダイジェストする下敷きにした翻訳は阿部知二訳のものである。「白鯨」という作品の面白さは細部にこそあるのだから、ダイジェストするとその価値の多くは失われるのだが、物語の大筋の持つ面白さはダイジェストしても伝わると思う。「白鯨」という作品の面白さを世に伝えるわずかな助けにでもなれば幸いである。

(追記)全30章であるので、うまく行けばGW中に全部載せられるかもしれない。あの膨大な長編をA425枚に圧縮したのだが、単に粗筋を書いたのではなく、原作の面白さをなるべく生かした「圧縮小説」のつもりである。世に言うダイジェストではなく、原作を本当にdigest(消化)した結果の作品だ、と自負している。




拍手

更新休止のお知らせ

個人的事情でしばらく休みます。再見。

拍手

焼けたフライパンの上の餅

あけおめ。(これも、もう死語か?)
今年も、読む人がいようといまいと、どうでもいいような個人的感想をだらだら書いていく所存です。ただし、現状だと政権批判がどうしても多くなるので、いつ強制閉鎖されるかも分かりません。

お正月らしいお役立ち情報をひとつ。

およそ10分近くかかる工程だから、電子レンジにくらべて便利とは言い難いが、電子レンジが嫌いとか、レンジが無い人にとってはお役立ち情報だろう。ただ、油を熱した上に、水のついた餅を並べると油が跳ねないか?








毎年言ってる気がするんだけど、ためしてガッテンでやってたパック餅をフライパンでつきたてお餅みたいにする方法、めっちゃ美味いからみんなやって欲しい。本家のHPから該当ページが無くなってたから私がメモしてたやつを貼る。





拍手

報告

ネット検閲と弾圧が進行中。「徽宗皇帝のブログ」は妨害を受けているので記事が書けません。報告のみ。

拍手

ネット規制のこと

私が持っている別ブログ(年齢不相応の子供っぽい娯楽関連の他愛の無いブログである。)に、記事を書いて、ネットに上げようとした瞬間に記事が消える、という「事故」が二回もあった。こちらのミスでは絶対にない。ネット監視者の悪意やネット規制が広がりつつあることを伺わせる。
実は、こうした事件は今回だけではない。以前にも、別のブログが突然、何の断りもなく閉鎖されたことがあり、今でもそのブログは見ることもできない。それが、なぜ閉鎖されたのか推測もできない。無害そのもののブログであったと私自身は思っているのだが。
まあ、これがネットの宿命だろう。
ということで、この酔生夢人ブログや徽宗皇帝ブログが突然消えたり新しい記事が出なくなったら、そういう事情だと思ってください。あらかじめお知らせしておきます。

拍手

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
7 9
13 14
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析