忍者ブログ

大日本帝国の大馬鹿戦略

別ブログに書いたものだが、本文の最後に書いた「大盤面将棋」はちょっとやってみたいと言うか、見てみたい。盤面中央に自軍が置かれ、上下左右に相手四人が陣地を置くわけである。絶対不利な「中央軍」をプロのB級かC級棋士が受け持ち、周囲の四軍をアマチュア高段者(まあ、プロでもいいが)が受け持つという戦いを是非見てみたいものだ。はたして「中央軍」はこの戦いに勝てるか?

(以下自己引用)



「シロクマの屑籠」というブログの記事の一部である。
敗戦末期の陸軍と海軍の分裂状態が無くても日本は負けたとは思うが、海軍の勝手な行動が南洋の島々の陸軍兵士たちを飢餓と病気による大量死に追い込んだのは間違いない。その意味では、戦後に海軍関係者によって流された「陸軍悪玉論」は的外れであり、海軍こそが日本の敗戦の主犯だったと言ってよいかと思う。
しかし、中国を既に我が領土と見做していたのが下の地図からも推測できる。軍隊が進出したらそれだけで自国領土と思う甘さが見て取れる。まあ、一番最初の戦略構想そのものがいい加減すぎたのである。日本のような小国が「大和魂(兵士の勇敢さ)」だけでこれだけの広い範囲で戦えると思うこと自体がキチガイである。
将棋の盤面を四倍くらいにし、相手はこちらの四倍から十倍の駒を持って勝負して勝てるか、という話だ。もちろん、相手の王将も四つか五つくらいあるわけだ。


 


 

 
 令和の絶対国防圏。
 
 もう、タイトルだけで言い切ってしまったような気がするが、令和時代の日本は、絶対国防圏の頃の日本になんだか似ていると思う。
 
 絶対国防圏とは、アメリカの反攻作戦を受けて1943年9月の御前会議で決まった「絶対に守るべき」「ここが破れたら敗戦確定」とみなされた防衛ラインのことだ。
 
 しかし上の地図をみていただいてもわかるように、この絶対国防圏、えらく範囲が広い。絶対国防圏が本土からみて南南東の方向に大きく張り出しているのは、ここにカロリン諸島などが含まれるためだが、こんなに広い範囲を絶対国防するのはかなり無理がある。
 

昭和の歴史〈7〉太平洋戦争 (小学館ライブラリー)

昭和の歴史〈7〉太平洋戦争 (小学館ライブラリー)

  • 作者:木坂 順一郎
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1994/09
  • メディア: 新書
 
 小学館『昭和の歴史7 太平洋戦争』では、絶対国防圏を決定する御前会議について、以下のように記している。
 


けっきょく陸軍の「絶対国防圏」思想と海軍の前方決戦主義という戦略構想の不一致をかかえたまま、九月三〇日の御前会議でつぎのような「今後採るべき戦争指導の大綱」が決定された。
(中略)
 そのため「絶対国防圏」の東側地域に展開していた約三〇万の陸海軍部隊は、置き去りにされ、やがて各地で守備隊玉砕の悲劇があいつぐ素地がつくられた。しかもこの御前会議では、「絶対確保圏を確保する自信があるのか」という原嘉道枢密院議長のきびしい質問にたいし、永野軍令部総長が「絶対確保の決意あるも勝敗は時の運である。……今後どうなるか判らぬ。戦局の前途を確言することは出来ぬ」と答えたため議場がにわかに緊張し、東条首相と杉山参謀総長があわてて打ち消すという一幕がみられた。軍部の最高指導者の一部は、戦局の見通しに自信をうしないはじめていた。


 
 絶対国防圏と名付けたものの、指導部もこれを守り切る自信が無かったようだ。そのうえ海軍は絶対国防圏の外側に固執し、サイパンやグアムの防衛にあまり力を入れていなかった。
 
 あれもこれも守りたい・どれも捨てられない意思決定の結果として、絶対国防圏は絵に描いた餅のような内容になり、アメリカ軍という現実によって粉砕されてしまった。
 


拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 7 8
11
24 25 26 27 28 29

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析