忍者ブログ

『進撃の巨人』の「『人類』を喰らう『巨人』」は中国を暗喩したものだろう

HULU(ネット配信TV)に「進撃の巨人」が入っていたので第一回を見てみたが、あきれた「反中国プロパガンダ」の右翼アニメ(漫画)であるようだ。子供の頃からこういう漫画やアニメで「中国嫌い」「中国恐怖」を心の中に植えつけようという電通(アメリカ)の戦略だろう。
どう考えても、主人公たち(人類)の住む「シガンシナ」は「シナの此岸」、つまり「日本海の彼岸である中国のこちら側、日本」の意味でしかない。
つまり、高い壁に守られて100年の平和の惰眠を貪っていたシガンシナの住人とは、「日米安保と米軍に守られて」70年の平和を享受して軍備不要論を唱える「憲法9条で頭がお花畑の日本人」を揶揄したもので、「壁の向こうの凶悪な巨人」に対し危機意識を持ち続けていた「高い意識の主人公」とは、中国の軍備増強に備えて、日本も軍備増強し、強兵政策を採るべきだ、という右翼少年、右翼青年であるわけだ。
これが日本のマスコミの応援を受けてベストセラーになり、アニメになり、映画化もされる、というところに今の日本が米国の手の上で踊らされている状況がありありと分かるが、そうした背景も知らず、「進撃の巨人」を喜んで見て、右翼少年化していく子供たちが大量生産されることだろう。





拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析