忍者ブログ

「青年」の「会議所」

市民ジャーナリストチーム青森」というサイトから転載。
備忘的に保存。
JCIって、まあ、だいたいこんなものだろう、という予想通りではある。
もっとも、青年商工会議所と混同しているかもしれない。(笑)どっちも本当に似たようなものかもしれないし、違っていたら失礼な発言になるが、名前が似ているのが良くない。


(以下引用)


2014.5.2 日本青年会議所の正体見たり

ざっくり言えばこんな内容
●青年会議所が全国一斉に憲法ミーティングを開催
●憲法改正ありきの進行
●目的はアンケート



詳細(事実)
公益社団法人日本青年会議所といえば、投票率アップのために選挙時に公開討論会を開いたりする団体という印象ではないでしょうか。

その青年会議所(略称JCI)が、憲法記念日の前日5月2日に『全国一斉!国民による未来創造プロジェクトin青森』が開催されました。全国で一斉に開催されるということで、すごいですね。

10168057_229877053875416_8322857859140274179_n.jpg

大規模な事業です。JCIが全国で一斉に憲法イベントを開催するのは今回がはじめて。
参加した感想をレポートします。


気付いたことを書いていきますよ~


●大きなイベントなのに告知があまりされてない。 当日の告知でたまたま知りました。告知がされていないので一般来場者は皆無に等しい。


●コーディネーターは終始憲法改正を前提に進行していた。入口で渡されたのは自民党改憲草案。 「憲法改正にむけて~」「反対意見の多くが間違った認識」などといった表現が相次いだ。

●パネリストが憲法改正論者2人と日頃憲法に関心が薄かったという大学生ひとり 青年会議所は独自の憲法改正案を作成・発表している。自民党の改正案と酷似。反対意見を述べるパネリストがいない。
http://www.jc-constitution.net/wp-content/uploads/2014/02/soan-01.pdf

●来場者はほとんど関係者 100人以上の来場者のほとんどが黒いスーツの関係者らしき人だった。

●アンケートの集計結果を「憲法を国会で発議すべきという意見が過半数を超えた場合」のみ、 「民意」として国会に提出する予定 音声を聞いて頂ければわかるように、来場者の印象をかなり強引に誘導されているのでフェアでない。

DSC_0108[1]_convert_20140503060958

●アジア情勢の不安定や日米同盟の偏務性をアピールしていた。

来場者に憲法改正の必要性を感じさせるシナリオになっている。 大学生パネリストの瓜田さんは、「中国に尖閣諸島を取られそうだから戦争するしかないんですか?」と理解できない様子だった。




まとめ(評論)


日本青年会議所の目的は、アンケートで当然過半数を超えるように誘導した「憲法案国会で発議すべし」の民意を捏造し国会に提出することだと見ていいだろう。

地方選挙の公開討論会では異常な程中立性を徹底していた青年会議所が 憲法改正論議においては完全に自らの主張に偏った民意醸成を図っていることに 驚きを隠せなかった。

津島議員やJCIパネリスト・秋葉コーディネーターの憲法認識は相当に浅いと言わざるをえない。 また、一定の知識をもって聞けば不適切とわかる例え話で、間違った印象を与える悪質な話法を多様していた。たとえば、集団的自衛権の概念を「友達が暴漢に襲われたら助けるのが信頼関係」といった風に。その『トモダチ』こそは、言いがかりをつけて正当防衛だと言いながら先にケンカをふっかけるいじめっ子なのだ。 

記事=小山内頼人




※市民ジャーナリストチームあおもりでは事前の審査を経て記事を公開しています。補完情報や異議申し立てのメッセージお待ちしています。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
25 26 27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析