忍者ブログ

「ガンダム ORIGIN」のこと

私は、「ガンダム」はまったく興味が無く、一番最初のテレビ版(と思われる)の第一回を途中まで見て、絵柄が嫌いだし、発端部分の話に興味が持てないし、で最後まで見なかったのだが、この前、ふとした気まぐれでアマゾンプライムの「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のⅠを見て、絵柄が自分の知っていた絵柄とは違い、また話の内容が「政治」の話が大半で、非常に面白く思い、それから3日ほどの間で「Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ」とすべて見た。見るに従って面白さも増し、全部見終わると、これは傑作だなあ、と感心したものである。ただし、これは安彦良和が作った、「アムロ・レイ以前の話」であり、つまり、ガンダム「正史」(キャラ絵も話も富野由悠季が中心だろう)の前日談のようだ。主人公はアムロ・レイではなく、シャア・アズナブルと言っていいが、悪役たちも含めた群像劇と言うべきだろう。ただし、悪役とは言っても、シャアも含め、登場人物はそれぞれ自分の行動原理や哲学に従って行動しているにすぎない。単純な善悪二元論ではない。そこがいい。地球連邦とジオン公国とどちらが正義ということもない。そこが凡百の戦争映画や戦争アニメとの違いだろう。
アマゾンプライムに入っていない人は、NHKで(再編集版のようだが)放映するようなので、一見をお勧めする。ハリウッドで実写化したらいい作品だな、と思うが、シャアが「神よ(俺の前に)跪け!」と言うセリフなどはハリウッド的にはアウトだろうwww
ちなみに、シャアは、地球連邦もジオン公国も憎んでいる(と思われる)復讐鬼である。
さらに言えば、私は「巨大ロボット物」のほとんどは馬鹿馬鹿しいとしか思わない人間だ。そういう人間だからこそ、この作品の中の「政治」的部分を凄いと思うのである。戦争と政治の密接な関係を描いた作品を私はほとんど知らない。山本薩男(薩夫だったか?)の「戦争と人間」くらいだろうか。ただ、それも「戦争で儲ける人間たち」は描いても、「政治によって戦争が起こる」こと(つまり戦争の馬鹿馬鹿しさ)を鋭く感じさせることに成功してはいない気がする。


(以下引用)

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』TVアニメ再編集版がNHK総合で4月放送決定!



20190222_162546

アニメ公式サイト


劇場及びOVAとして発表された「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」を再編集した「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」が、4月28日NHK総合テレビにて放送決定!毎週日曜日24時35分よりTVで見ることができます。



マンガとして発表され、2015年から2018年にかけて劇場で公開された「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」。TVアニメは全13話に再編集したものとなっています。またOPをLUNA SEAが担当することも発表。曲名は「宇宙の詩(ソラノウタ) ~Higher and Higher~」。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 I 青い瞳のキャスバル

ちなみにAmazonでは、プライム・ビデオとして公開中。さらにKindleでは「機動戦士ガンダム40周年記念KADOKAWAガンダムコミックフェア」が2月28日まで開催していて、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」1~19巻が50%OFFとなっています。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(1) (角川コミックス・エース)

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」放送情報

放送日

NHK総合テレビ:2019年4月28日(日)より毎週日曜日24:35~(関西は25:09~)

スタッフ

原作:矢立肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より)
脚本:隅沢克之
音楽:服部隆之
総監督:安彦良和
企画・製作:サンライズ

キャスト

シャア・アズナブル:池田秀一
アムロ・レイ:古谷徹
セイラ・マス:潘めぐみ
デギン・ソド・ザビ:浦山迅
ギレン・ザビ:銀河万丈
ドズル・ザビ:三宅健太
キシリア・ザビ:渡辺明乃
ガルマ・ザビ:柿原徹也


©SOTSU・SUNRISE







拍手

PR

雪の静寂の経帷子

今日は朝から雪だが、窓の外に降る雪を見ると、いつもサイモンとガーファンクルの「アイ・アム・ア・ロック」の一節、

freshly fallen silent shroud of snow

を思い出す。訳すとしたら、「新たに降った雪の、静寂の経帷子」だろうか。

この歌は、若者の孤独を歌った歌で、雪が経帷子に見えるところにその若者の孤独感と閉塞感が現れている。
なお、「アイ・アム・ア・ロック」は、「僕は岩」ということで、自分を孤立した島や岩にたとえているわけである。

ちなみに、クイーンの「ロック・ユー」のロックは、「ロッキングチェア(揺り椅子)」のロックで、「お前を揺すぶるぜ」くらいの意味だろうか。ロックンロールとはもともと、「聞き手を揺さぶったり引っくり返して目を回させたりするような音楽」ということだろう。

拍手

片恋の人蹤けてゆく祭かな

何気なく図書館で借りた、岸田今日子、吉行和子、富士真奈美という女優三人(親友らしい)の対談やエッセイやらを集めた本の中に、富士真奈美のこういう俳句がある。


片恋のひと蹤(つ)けてゆく祭かな


というのがあって、いい句だな、と思った。

イメージとしては高校生くらいの少女が片想いの男の子を祭の雑踏の中で見つけて、その後をつけていった、という感じだろうが、年寄りの男の私でもこの情感やドキドキ感は分かるし、若い子ならもっと分かるだろう。
こういう、誰にでもありそうな状況や気持ちを描いた句は、簡単に見えるが、この句の完成度は高いのではないか。作者自身、回想の句だと言っているからよくあるシチュエーションだろうが、高校生くらいではこの句は作れないと思う。似た内容の句はゴマンとあるだろうが、この句の言葉の使い方は、高校生にはたぶん無理だろう。ところが、理解するのは高校生でもできるのが、凄いのである。
まず、若い人は「片恋」という言葉を知らないだろう。そして、「つける」に「蹤」という漢字を使っているのがいい。まさに「足へん」だからこそ「つける」イメージに迫真性と臨場感が出るのである。
そして、最後の「祭かな」で、すべての出来事が象徴性を持つ。祭のドキドキ感と初恋や片想いのドキドキ感と重なって、「誰にでもある、あるいはあってほしい青春の思い出」の切ない感覚を呼び起こすのである。
季語とはまさに、句に象徴性や広がりを持たせるのが本質的機能なのだが、この句はその最適例だろう。祭という言葉で、祭に関わるすべてのイメージが湧き起こるのである。花火や、屋台の匂い、雑踏の音、etc,etc。 だが、祭は一晩ではかなく終わる。片恋も青春も同じである。
なお、この話には、そのつけていった相手は実は別人だった、というオチがある。

拍手

作家の「若書き」と作品の質

この人は凄いな。発言者ご自身は作家でも何でもないと思うが、中島敦作品を若書きだと断定している。
年齢は作品の質とほぼ無関係である。若くして大傑作を書く人もいれば、中年以降に傑作を書く人もいる。概して、若くして(あるいは小説を書き始めた直後に)書いた作品がその人の「本当に書きたいもの」であり、代表作であることが多い。作家はその処女作にすべてが出ている、と言われている理由だ。
中島敦は残された作品だけで川端や谷崎や三島を超えるのではないか、と私は思っている。彼に並ぶのは、これも夭折した梶井基次郎くらいだろう。中島敦作品をセミプロ作とは凄い発言だ。(当然、「セミプロ作」を作品の質の低さとして使っている言葉だと思うが。)
中島敦が戦後まで生き残っていたら傑作を書いたとは思わない。彼の書きたいものはほとんど初期で書かれていたと思う。



さんがリツイート

中島敦は大好きだが、中島敦自身はプロ作家としてスタートする直前に力尽きて死んでしまった人なので、残ってる作品はほぼセミプロ作。生きていればきっと戦後にこれぞ中島敦の精髄という作品を書いていただろうが。正直、未完の「李陵」まで含めて、若書きなんだ。





拍手

Tonight

例によって古いポップスの歌詞を訳そうと「ウエストサイド物語」の「トゥナイト」の歌詞を探したのだが、探すのに難渋した。同名の歌が幾つもあるらしい。
で、「ミスタービーンのお気楽ブログ」とかいうところに載っていたのを借りてきたが、すでに訳されているので、ビーン氏の著作権を考慮して原詩だけコピーし、訳は改めて私がやることにする。
この映画は私が中一か中二くらいのころに日本公開されたと思うが、映画を観るより先に手塚治虫の「新選組」に、この映画のダンスシーンのパロディがあったのを読んでいるから、田舎の映画館での上映は東京公開よりだいぶ後だったのかもしれない。


Tonight トゥナイト

MARIA
Only you, you're the only thing I'll see forever
In my eyes in my words and in everything I do
Nothing else but you
Ever


あなただけ、あなただけを私は永遠に見るでしょう
私の目の中に、私の言葉の中に、私のやるすべての事の中に
あなたしかいない
永遠に

TONY
And there's nothing for me but Maria
Every sight that I see is Maria


僕にはあなた以外何もない、マリア
僕が見るのはただあなただけ


MARIA
Tony, Tony

トニー、トニー


TONY
Always you, every thought I'll ever know
Everywhere I go you'll be


いつもあなただけ、考えるのはあなたのことだけ
僕がどこへ行っても、あなたがそこにいる

TONY & MARIA
All the world is only you and me

そして、世界はただあなたと私だけ

MARIA
Tonight, tonight
It all began tonight
I saw you and the world went away


今夜、今夜
すべては今夜始まった
私はあなたを見て、そして世界は消え去った

Tonight, tonight
There's only you tonight
What you are, what you do, what you say


今夜、今夜、
ただあなただけがいる
あなたの存在、あなたのする事、あなたの話す事

TONY
Today, all day I had the feeling
A miracle would happen
I know now I was right


今日、一日中僕にはその予感があった
奇跡が起こるかもしれないと
それが正しかったと今僕は知っている

TONY & MARIA
For here you are
And what was just a world is a star
Tonight


なぜなら、あなたがここにいて
ただのひとつの世界だったものが星になった
今夜

Tonight, tonight
The world is full of light
With suns and moons all over the place


今夜、今夜、
世界は光に満ち
この場所の上に太陽と月が無数に輝いている

Tonight, tonight
The world is wild and bright
Going mad
Shooting sparks into space


今夜、今夜
世界は荒々しく輝き
狂おしく
閃光を射抜き、宇宙の彼方へ去った

Today, the world was just an address
A place for me to live in
No better than all right


今日、世界はただの居所だった
ただ自分が生活するためだけの
「それでいいさ」という程度の場所

But here you are
And what was just a world is a star
Tonight

だがここに君がいて
ただの世界だったものは星になった
今夜

Good night, good night
Sleep well and when you dream
Dream of me
Tonight


お休み、お休み
ぐっすりと寝て、夢を見たら
僕の夢を見て
今夜



拍手

MORE

この前、クリフ・リチャードの「コングラチュレーション」を和訳したが、それに味をしめて、ボケ防止に、昔のポップスの中から思い出せるものを和訳してみる。
「More」は私が中学生くらいのころの映画「世界残酷物語」の主題歌だったが、映画の内容とは真逆の甘いラブソングで、確かアンディ・ウィリアムスはこれで一躍売れっ子になったのではなかったか。歌詞の一部が非常に洒落ていると思ったが、当時の私は歌詞全体を知らなかったし、知っていても訳できなかっただろう。難しい英語ではまったくないが、英語の歌詞というのはなかなか訳しにくいところがあるのである。
歌詞の中の「simple words 」とは「 I love you」のような素朴な愛の言葉だろうと思う。



More

More than the greatest love the world has known

This is the love I'll give to you alone

More than the simple words I try to say

I only live to love you more each day

More than you'll ever know my arms long to hold you  so
 my life will be in your keeping
  walking,sleeping,laughing,weeping

Longer than always is a long long time
But far beyond forever you'll be mine

I know I never lived before
 and my heart is very sure
  no one else could love you more


「より以上に」

世界が知っている最大の愛よりも大きな愛

それが私があなたに上げるこの愛

単純な言葉の数々より以上のものを私はあなたに言いたいのだ

私はあなたをより愛するためだけに毎日を生きている

あなたがこれから知る以上に私の腕は君を抱くことを待ち望んでいたから
私の人生はあなたの物、歩いていても寝ていても笑っていても泣いていても

「いつも」よりも長いというのは長い長い時
でも永遠よりさらに彼方まであなたはきっと私の物

私はこれまで生きてなどいなかったことが私には分かる
そして私の心は確かに知っている
私以外の誰も私より以上にあなたを愛せるはずがないと



拍手

おめでとう、自分!

「コングラチュレーション」の訳をしてみるが、あの歌の気分を出すのがなかなか難しい。そもそも「congratulations」も「 celeblations」も「 jubilations」も「祝賀(会)」の意味があって、そして「コングラチュレーションズ」には「おめでとう」の意味もある。つまり、これは「一人祝賀会」の歌なのであり、だから記事タイトルは「おめでとう、自分!」とした。
一番好きなのは「僕は『幸福』なんて発明されていないと思ってた」というところである。世の非モテ男たちにとっては身に沁みる言葉だろうwww



「自分におめでとう!」

おめでとう、祝賀会だよ!
君が僕と恋仲だってみんなに言っちゃったよ
おめでとう自分、さあ祝賀会だ!
僕が最高に幸せだって世界中の人に知ってもらいたいよ

僕がこんなに幸せで満足できたなんて誰が信じられただろう
僕はこれまで、幸福なんてものは発明されてないと思ってた
でもそれは、君に遭う前の、君を心に迎え入れる前の過ぎた悲しい日々のこと

おめでとう、祝賀会だよ!
僕がこんなに幸せだって世界中に知ってほしいよ

君は僕をずっと下にいる奴だと思っているんじゃないかって僕は恐れていた
僕なんかが君の恋人になるなんて馬鹿な空想だと思ってた

でも今夜、君は僕無しでは生きては行けないと言ってくれたんだ
ここにいたいと言った君の言葉が僕の周りを回っている

おめでとう、祝賀会だよ!
僕が最高に幸せだって世界中に知らせたいよ

おめでとう、お祝いだよ!
僕が最高に幸せだって世界中に知らせたいよ

僕が最高に幸せだって世界中に知ってほしいんだ







拍手

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1
8 10
31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析