忍者ブログ

天国の鍵61

その六十一 戦争

 グリセリードの上空からグリセリードをながめると、奇妙な感じです。とくに、自分たちが通った後を上から見ると、まったく変な気持ちがします。あの時、あそこの木陰で休んだな、とか、あそこでアリーナが川に落ちたな、とか。
「どうする? 家にもどるかい?」
ハンスはアリーナに聞きました。アリーナは首を横に振りました。
「家なんてないわ。もどったら殺されちゃうわよ」
たぶん、そうだろうなあ、とハンスも思いました。アリーナを育てた人も、アリーナを殺せという女王の命令にはさからえないだろうし。
ふと下を見ると、何やら異様な気配がしています。南西から北東に向かって、何万人もの人や馬の群れが移動しているのですが、それは軍隊のようなのです。でも、グリセリード軍ではなさそうです。
「戦争だ。グリセリードで戦争がおこっている」
 ハンスは遠視の力を使って、軍隊の様子をながめました。すると、軍隊の先頭にいるのは、ヴァルミラではありませんか。そのとなりには、鎧(よろい)を着たピエールもヤクシーもいます。
 セイルンにたのんで雲の高度を下げてもらい、ハンスはヴァルミラのそばに近づきました。
「これはこれは。ハンスとシルベラではないか。セイルンもいるな」
ヴァルミラは、にっこりと笑いました。相変わらずりりしい美しさです。
「この軍隊は何です?」
ハンスは聞きました。すると、ピエールがヴァルミラに代わって答えました。
「グリセリードとの戦争だよ。パーリのボワロン軍とグリセリード軍は追い払ったが、どうせまた新手が来るだろうから、こちらからグリセリードに攻め込むことにしたんだ。どうせ、今、グリセリードの内部はがたがただ。ろくな武将はいないし、みんなシルヴィアナとロドリーゴを嫌っている。あちこちで内乱が起こっているんだ。今のグリセリードは、図体はでかいが、張子の虎だ。ヴァルミラは、グリセリードの名将デロスの娘で、人々の信望を得ている。この戦、こっちが勝つよ」
 ヴァルミラは、アリーナを見て、すまなそうな顔をしました。
「シルベラ、すまない。お前の母の女王と私は敵になってしまった。もしも相手が降伏すれば、おだやかにすませたいと思っているが、戦のことだから、場合によっては、お前の母を殺すことになるかもしれん。聞きにくい願いだろうが、私たちの軍の神輿(みこし、事業の飾りや象徴となるもの)になってくれないか。そうすれば、全軍の士気が上がるんだ。お前を次の女王にしてもいいと私は思っているのだよ」
 ヴァルミラの言葉に、シルベラは首を横に振りました。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15
24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析