忍者ブログ

天国の鍵59

その五十九 水晶の湖

北の大陸から南の大陸に入ると、下は一面のジャングルです。先ほどのジャングルとはくらべものにならないくらい、木の密集したジャングルで、その東側を大きな河が流れています。この河の先に、水晶の湖はあるのでしょうか。
「あそこかしら」
アリーナが指差した河の上流に、滝のようなものが確かに見えます。
近づいてみると、これは、何と大きな滝でしょう。本当に、天から落ちてくるかのように見えます。しかも、滝は一本ではなくて、高くそびえたつ台地全体から水のカーテンのように落ちてくるのです。これでは、その上に人間が登るのもむずかしいでしょう。もし、人間界と天上界の境い目があるとしたら、ここはいかにもぴったりです。
「いよいよだな」
チャックがうれしそうに言います。
 セイルンは、雲の高度を上げ、滝の上方に浮かび上がりました。
 そこは、巨大な、透き通った湖でした。午後の日ざしを浴びてきらきらと輝く湖は、まさしく水晶の湖の名にふさわしい美しさです。
「すてきなところねえ」
さすがに、アリーナも女の子らしい感嘆の声を上げました。
「ところで、黄金の網はどうする? ふつうの網さえも持っていないのに」
チャックが言うと、セイルンが、ハンスが腰につけていたヒョウタンを指差しました。
「そいつで湖の水を全部吸い込んじまえ」
「そんな乱暴な。日本の公共工事じゃあるまいし」
ハンスは言って、湖の岸辺に飛び下りました。そこに生えていた草を編んで網の形にし、チャックに言います。
「黄金は、悪魔の領分だ。こいつを黄金の網に変えてくれ」
チャックは苦笑いしてうなずきます。
チャックが手を一振りすると、小さな草の網は、大きな黄金の網に変わりました。
 その網を手にして、ハンスが空中浮遊の術を使って湖の上に行きます。
(『風の矛のきらめく場』はどこだ?)
風が吹いてきました。湖にさざなみが立ちます。その中に、ひときわ輝く波があります。まるで、一千のダイヤモンドが輝いているように。その下には金の魚の群れがいるのでしょうか。
 ハンスは、その場にぱっと網を打ちました。引き上げると、そこにはたった一匹の、金色の魚がかかっています。
 ハンスは、その魚を手の上にのせて仲間のところに戻りました。
 さて、ところで、この魚をどうすればいいのでしょう。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15
24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析