忍者ブログ

天国の鍵65

その六十五 セラフィム

 ハンスは、天国の鍵をさがすために、もう一つの道に行く決心をしました。たった一人で、この世界に別れを告げて。
「みんな、ぼくは洞窟にもどるよ。でも、さっきの左の道にはぼく一人で行く」
ハンスが言うと、アリーナが不思議そうに「どうして?」と言いました。
「あの道を行くと、二度とこの世界にもどれないらしいんだ」
他の三人は、ハンスの言葉に、ちょっと考えこみました。
「ぼくはいっしょに行くよ。ここまで来て、最後をたしかめないんじゃあ、来たかいがない」
チャックが言うとセイルンも
「おれもそうだ。なあに、どこの世界で生きるのも同じさ」
と言いました。
「セイルン、君はだめだ。君がいないとアリーナは地上に帰れない」
ハンスは言いました。
「あら、私も行くわよ。仲間はずれなんていやよ」
アリーナは怒ったような声をあげました。
 しかたなく、ハンスは他の三人とともに洞窟にもどりました。
 洞窟の薄暗がりの中を歩いて、歩いて、……。
 やっとさっきの分かれ道のところに来ました。
 こんどは左の道に行きます。
 そしてまた薄暗がりの中を歩いて、歩いて、歩いて、歩いて、……。
 いったいどのくらい歩いたのでしょうか。
 なんのまえぶれもなく、あたりは突然、白い光に満たされました。
 そして、ハンスたちの目の前に一人の男が現れたのです。白いローブを着たその人は、体全体から白い光を放っています。
 天使かな、とハンスは思いましたが、背中には羽根ははえていないようです。
 顔は非常に美しく、どことなくアンドレにもトリスターナにも似ています。
「お前たちは天国に行く気か。生きた人間のままで天国に入ることはゆるされぬことだ」
 男はおだやかですが、威厳のある態度でハンスたちに言いました。思わず、このままここから帰ってしまおうかとハンスは思ったくらいです。
「わたしたちは天国の鍵を持っています」
 ハンスは勇気をふりしぼって言いました。
「天国の鍵? 見せてみなさい」
 男の前にハンスは水晶の湖の魚が吐き出した指輪を差し出しました。すると、男は首を横に振り、「これは天国の鍵ではない」と言いました。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析