忍者ブログ

天国の鍵70

その七十 王族がいっぱい
 
セイルンに手を振って別れを告げ、ハンスとアリーナはマルスの家に入りました。
 すると、そこにはマチルダとロレンゾだけではなく、ハンスのお師匠のザラストまでいるではありませんか。
「おお、ハンス、無事にもどったか」
ザラストはうれしそうに言いました。
「ただいま。でも、天国の鍵は見つかりませんでした」
「いや、それでよい。ロレンゾから話は聞いた。お前は三人もの賢者に会ったというではないか。それだけでもたいしたものだ」
「その三人の中にわしは入れたかの?」
ロレンゾが疑わしげに言いました。
「いや、四人じゃった」
「ここで二度目にロレンゾさんにお会いした後、ソクラトンという人にも会いました」
「では、五人じゃな。それはすごい」
「天国の鍵は手に入りませんでしたが、天国のそばまでは行きました」
ハンスは三人に、これまでの旅の話をしました。
本当は長い話ですが、なんと言っても十歳、いや、この時はもう十一歳になってましたが、そのていどの子供ですから、ごく簡単にしか話せません。子供のこまるのは、こういう時、表現力のないことです。作者の私も、子供のころ一番苦手だったのは作文でした。
それでも、アリーナの助けを借りながらこれまでの出来事をすべて話し終えると、マチルダがアリーナに向かって、おどろいたように言いました。
「まあ、あなたはマルスの妹だったの?」
「ええ、母親はちがいますけど」
心の中には、自分の母親はグリセリードの女王なのよ、とちょっと自慢したい気持ちもありますが、もちろん口には出しません。
「でも、お願い。マルスには父親のことは言わないで。そうすると、あなたが妹だってことも秘密にしなければならないから、あなたにはかわいそうだけど」
 マチルダの奇妙な言葉に、ハンスとアリーナはびっくりしました。
「こういうことじゃよ」
 ロレンゾが、マチルダに代わって説明しましたが、それはおどろくべき話でした。なんと、あの平凡な若者にしか見えないマルスが、このアスカルファンを救った英雄だという話です。でも、それは別のお話ですから、今はこれ以上は言えません。
「では、あなたは国王オズモンドの妹さんなのですか?」
ハンスはびっくりして、マチルダに聞きました。
マチルダはにっこり笑ってうなずきました。 

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15
24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析