忍者ブログ

古典の花園13 第二章8


 妹(いも)が見し、あふちの花は散りぬべし。
わが泣く涙、いまだ干なくに。 (山上憶良)

 「妹」は愛する女性のことで、ここでは亡くなった妻のこと。前半の文末の「~ぬべし。」は、完了の「ぬ」が強意で用いられたものに推量の「べし」が付いたもので、「きっと~だろう。」という意味になります。後半の文末の「~なくに。」は「~ないのに。」の意味。全体では、「亡くなった妻が見た楝(センダン)の花はまもなく散ってしまうだろう。妻を思って流す私の涙はまだ涸れないのに。」という意味になります。この歌は、上司である大伴旅人の妻の死を悼む歌で、憶良が旅人の立場で詠んだ歌です。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15
24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析