忍者ブログ

古典の花園11 第二章6


 露の世は、露の世ながら、さりながら。 (一茶)

 一茶が愛児さとを一歳で失った時の句です。この世が露のようにはかない世の中であることは知っていたが、そうは言っても、ほとんど人生を経験することも無くあっという間に死んでいった我が子を思うと、その定めが恨めしくてならない、という、切々たる親心を表しています。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15
24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析