忍者ブログ

古典の花園14 第二章9


 術(すべ)もなく苦しくあれば、「出で走り去(い)なな」と思(も)へど、
児らに障(さ)やりぬ。  (山上憶良)

 どうしようもなく苦しいので、家を捨てて逃げ去ろうかと思っても、子供らゆえに、それもできない、ということで、昔から「子は三界の首枷」と言われるように、子供らへの愛情は、行動の束縛にもなります。「銀も金も宝玉も、子供にまさる宝は無い」と詠んだ山上憶良のもう一つの面です。「去なな」は、動詞「去ぬ」の未然形の「去な」に上代の希望の終助詞「な」が付いたものです。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15
24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析