忍者ブログ

古典の花園16 第二章11

11
 父母が頭(かしら)かきなで、「幸(さき)くあれ」て
言ひし言葉(けとば)ぜ、忘れかねつる。  (万葉集・防人歌)

防人に駆り出されるのは東国の青少年が多かったようですが、この歌には中部地方の方言が混ざっています。「て」は引用や発言を受ける「と」、「ぜ」は強意の係助詞「ぞ」です。この歌の作者はまだ少年のようで、頭を父母に撫でられるくらいの年齢です。そうした少年は防人に行った後も、父や母のことを偲ぶことが多かったのでしょう。家族間の愛情の強さは、衣食住すべて備わった現代よりも、すべてに不自由だった昔のほうが強かったように思われます。この歌は、幼い感じの方言が、少年の真情をよく伝えているようです。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 7 8
11
25 26 27 28 29

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析