忍者ブログ

古典の花園9 第二章3


 拾はるる親は闇から手を合わせ。 (「柳多留」作者不詳)

 これは少し説明が必要でしょう。これは捨て子の話なのです。ですから、「拾はるる親」は、親が拾われたのではなく、「拾われた子の親」つまり子を捨てた親なのです。生活に困って子供を捨てたものの、子供が誰かに拾ってもらえるか不安で闇からそれを見守り、やっと拾ってくれた人に対して闇から手を合わせて拝んでいるのです。わずか17字で展開されるこうしたドラマが、日本の短詩形文学の特徴なのです。この、子を捨てた親を私たちは非難できるでしょうか。自分たちと一緒にいることの方が死につながると考えて、せめて子供だけは親切な人に拾われて幸せな人生を送ってほしいと思って捨てたのかもしれません。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
24 25 26 27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析