忍者ブログ

危険や死から逃げる本能はみな同じ。逃亡の否定は生の否定。

答え。「戦争遂行のためです」

言い換えれば、権力層の欲望の達成のための「民衆の洗脳」である。

戦争に民衆を駆り出すと、必ず逃亡する兵士が出る。そこで、戦場から逃亡する兵士を切り殺す「督戦隊」というのが背後に置かれる。本能的に逃げるのは人間も同じだから、別の死(処刑という確実な死)を対置することで、死(戦死という不確実な死)に向かわせるわけだ。「名誉と恥辱」というのも同じ構造であり、「社会的な死」を背後に持っている。

「逃げてはいけない」

とは督戦隊の思想であり、死の思想である。


(以下引用)


1: 2017/04/10(月) 15:42:50.022 ID:KY5KQFt+0
   
no title



拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析