忍者ブログ

なぜ彼らは日本を迫害するのか

「ギャラリー酔いどれ」所載の「新ベンチャー革命」記事の一部である。
ここで書かれたアメリカ戦争屋の心理分析は、なかなか的を射ているのではないか。相手への恐怖心を原因とする、相手を絶滅させたい、という気持ちは彼らの心の奥底に常にあるのだろう。そりゃあそうだ。自分たちが原爆を落とした相手なのだから、いつ復讐されるか分からないwww
西洋人、特にユダヤ的な人々には「水に流す」ということが理解できないのだろう。悪事には悪事で返す。復讐の連鎖を断つには相手を絶滅させるしかない、というのが彼らの本能的思想ではないか。で、それと同時に、彼らは口先では偽善を行うから、「野蛮人」たちは簡単に騙せると思っているのである。「ナイーブ」というのは、彼らにとっては「馬鹿」と同義なのだ。相手を信じる、というのも馬鹿の証拠。馬鹿は騙して当然、野蛮人(異民族)に対しては嘘をつくのは当然だ、という思想だ。
15世紀か16世紀か分からないが、「大航海時代」以降の世界の歴史を見れば、ほとんどが西洋による他国侵略と強奪と戦争、植民地化、奴隷化の歴史である。これは20世紀になっても21世紀になっても同じだ。21世紀からはそれが「テロとの戦争」という看板をつけることで世界全体を騙しているだけである。
こうした「西洋文明の精神」の正体を世界的に周知させるのが、一見迂遠に見えても、世界平和と人類全体の生活向上、幸福への一番効果的な道だと思う。武器に対して武器、殺人に対して殺人では、永遠に平和は来ないだろう。要するに、「思想だけが世界を根底から変える」のである。


(以下引用)



5.日本を乗っ取っている米戦争屋は、なぜ、
  世襲議員を傀儡化して日本支配を強化し続けるのか

戦後70年、日本を乗っ取っている米戦争屋の日本支配は強化され続けています。

なぜ、彼らはこうも日本にこだわるのでしょうか、

それは、日本人を怖がっているからです。

米戦争屋ジャパンハンドラーの接する日本人は、彼らの目から見れば、
みんな子羊のように見えます、しかしながら、彼らにとって、同時に、

日本人が不気味に見えるのです。

なぜでしょうか、それは、日本人は米国人に原爆を落とされ、
絶滅させられようとしたにもかかわらず、なぜ、米国人に尻尾を振るのかが、
どうしても解せないからです。

この見方は、筆者が16年半、米国シンクタンクで働き、米国人と接した経験によります。

多くの米国人は自分が日本人だったら、日本人を絶滅させようとした米国人を
末代まで憎み、いつか復讐しようと虎視眈々と狙うはずだと思います


このような米国人の見方から生まれるのが、

日本人に対する、えも言われぬ恐怖心なのです。

とりわけ、日本に原爆を落とした勢力の後継である今の米戦争屋ネオコンは
そのような感情が強いわけです。

その恐怖心から生まれるのが、日本人を地球上から抹殺したいという衝動です

米戦争屋ネオコンは9.11事件や3.11事件の黒幕と本ブログでは観ていますが、
彼らは日本人の核武装を何より恐れています。

なぜなら、日本人の核武装を許すと、いつか復讐されると彼らは信じているからです、
なぜなら、彼らは自分が日本人だったら
原爆を落とした勢力に絶対に復讐しようとするからです。

これを知ると、米戦争屋ネオコンと対立するオバマが広島訪問しようとすると、
彼らから猛反対される理由がよくわかります。

執念深いネオコンのこの対日観は永遠に不変です。

ということは、彼らは何とかして、日本民族を絶滅させたいわけです、

復讐されないために・・・


このような米戦争屋ネオコンの対日観がわかると、彼らが日本中の海底に穴を開け、
いつでも第二の3.11が起こせるようスタンバイし、同時に、

日本中に多数の原発をつくることを許し、その一方で、北朝鮮に入り込んで、
いつでも、北から日本の原発をミサイル攻撃できるようスタンバイしている
のはなぜか、
みんな気付くべきです。

最後に言えば、米戦争屋ネオコンの傀儡・安倍氏の憲法改悪の企みの背後にみえる
米戦争屋の上記のような日本人への恐怖心にも、
われら日本人は思慮を拡大しておくべきです。

彼らは日本人からの復讐を恐れており、日本人が絶滅するまで、
第二、第三の 3.11同様の対日ステルス攻撃を 今後も執拗に仕掛けてくるはず
です



拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析