忍者ブログ

少年騎士ミゼルの遍歴 36

第三十六章 大河の鰐

次の日から、リリアは、ピオの後ろ、ミゼルの前を歩くことになった。後ろのザキルの視線から少しでもリリアを隠すためである。しかし、リリアの後ろを歩くことは、ミゼルに絶えずリリアを意識させることになった。ふとした動きに現れる、リリアの体の女らしい曲線や、手足や首筋の白さがミゼルを悩ましい気持ちにさせる。自分もザキルと同じだ、とミゼルは自分を心で罵った。リリアの後ろを歩いている間中、ミゼルの心にはリリアしかいなかった。この旅の目的も、父マリスや祖父シゼルの事も忘れて、ただリリアを見る喜びしかなかったのである。
上陸して四日目、一行はシャクラ神殿の前を流れる大河に出た。大河の向こうには火山があり、その中腹には、明らかにシャクラ神殿と思われる建物がある。
川の水は深くはなさそうだが、それでも二メートル以上あり、歩いて渡れるほどではない。一行は、川の側に生えている木を切って筏を作ることにした。
作るのに半日ほどかかったが、筏は出来上がった。人間だけでなく、ライオンのライザや馬のゼフィルも乗れるほどの大きな筏だ。
対岸までは、およそ百メートルほどだろうか、彼らが筏で渡るその側を大鰐が何匹かゆっくりと泳いでいく。ミゼルたちは、鰐を見るのは初めてだが、その大きな口にびっしりと生えた鋭い歯を見れば、これが危険な生き物であることはわかる。
突然、その中の一匹が、筏に前足を掛けた。筏がぐらりと揺れる。鰐は、案外素早い動作で、のそりと筏に上がってきた。
ゼフィルは嘶き、ライザは身構えて唸り声を上げた。
ピオが剣を抜いてその大鰐に斬りつけたが、その堅い皮に跳ね返される。
「刺せ、刺すんだ!」
リリアを後ろにかばっていたミゼルは、それを見て叫んだ。
マキルが愛用の銛を構え、投げた。銛は大鰐の腹部に突き立った。大鰐はその苦痛で暴れ、揺れ動く筏からザキルが落ちた。
ミゼルは、剣を抜いてジャンプし、鰐の上方から、その頭に深々と剣を突き立てた。鰐の頭は筏の材木に剣で留められ、鰐はなおも体をぴくぴくと動かしていたが、やがてその動きを止めた。
マキルの方は、その間に水に落ちたザキルを拾い上げている。ザキルは、彼を狙って近づいてきた他の鰐の口から、辛くも救われた。
筏には、鰐たちが上ろうとし続けたが、ミゼルとピオが剣を抜いてそれを追い払い、筏はやっとのことで対岸に到着した。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15
24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析