忍者ブログ

少年騎士ミゼルの遍歴 37

第三十七章 蛮族の襲撃

「もうすぐ、ゴラ族の村ですわ。シャクラ神殿は、彼らに守られていて、中に入るのは難しいと思います」
 リリアが言った。川から少し離れた所で、なるべく動物に襲われずにすみそうな場所を見つけ、ミゼルたちはそこで夜営することにした。
「ゴラ族は、毒矢を使うから、気を付けてください。刺さると命にかかわります」
 食事をしながらリリアは皆に注意した。
 その夜、眠りについてしばらくすると、ミゼルは誰かの手で揺り起こされた。
 リリアだった。
「起きて。近くに敵がいます」
 ミゼルも周りの気配には敏感な方だが、リリアは魔法の力で敵の接近を感じ取っているようだ。
 ミゼルは隣に寝ていたピオとメビウスを起こし、敵が近くにいることを告げた。
 起きてすぐは、周囲は漆黒の闇に見えたが、やがて目が慣れてくると、二十数メートルほど先の木陰に敵がいるのが分かる。
 ミゼルは襲撃に備えて弓を構えた。敵は体に白い塗料を塗っていて、闇の中でも見分けがつく。弓にはいい的だ。ミゼルとピオは、盾を地面に据えて、その背後に身を隠し、敵の動きを観察した。
 やがて、鋭い羽音と共に、矢が飛来した。一本目に続けて無数の矢が飛んでくる。
 ミゼルは盾の陰から弓で応戦した。
 相手の数は十数名のようだ。いずれも名人級の射手である。弓勢は弱いが、正確そのものの矢である。しかし、ミゼルの弓の腕は彼ら以上であった。闇の中では、こちらの矢がどこに飛んだかはほとんど分からず、誤差の修正が困難だが、この程度の近距離ではほとんど問題にならない。ミゼルの矢は次々に敵を倒していく。
「うわっ!」
 ミゼルの側でピオが悲鳴を上げて腕を押さえた。矢が刺さったらしい。
「動かないで! 体に毒が回ります」
 リリアがピオの傷に口を当てて毒を吸い出し、薬草の手当をして、毒消しの呪文を唱えた。
 闇の中の攻防は、一時間ほど続いた。ミゼルが射倒した敵の数は十名以上になり、残る数名の敵は、とうとうあきらめて退却していった。
 ほのぼのと夜が白みかかった中で敵の死体を確認したリリアは、
「ゴラ族の戦士ですわ」
とミゼルに言った。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析