忍者ブログ

少年騎士ミゼルの遍歴 41

第四十一章 ウズの町

レハベアムに上陸してから二ヶ月ほどかかってケルたちはやっとレハベアム中部の町、ウズに達した。ウズは大河に面した大きな町だが、家々は貧しげな草葺で、寒い気候のせいか、町の周りの畑の作物も貧弱だ。道で出会う人々の顔も生気がない。人々の多くは黄色っぽい顔色をしており、背も低い。
ライオンを連れたミゼルたちの一行は人目を引いたが、彼らに話し掛ける人間はほとんどいなかった。面倒な事に関わり合いになるのを恐れているのだろう。
リリアが一行のために店で食料を買っていると、一人の若者がミゼルに話し掛けてきた。
「あんたたち、ヤラベアムの人間だね。ライオンを連れた妙な旅人がいると町中で噂になっているよ。もうすぐあんた方を役人が捕まえに来るはずだから、逃げた方がいい。もし、よけりゃあ、俺がいい隠れ場所を教えてやろう」
 ミゼルは若者を見た。肌の黄色い小柄なレハベアム人で、表情が読みとりにくいが、悪意はなさそうだ。ミゼルは若者に頷いた。
 若者はミゼルたちを町の裏側の山に連れて行った。林の中に隠れた洞窟があり、その中には焚き火の跡がある。
「ここが俺の別荘さ。ここでしばらく身を隠すがいい。もし、欲しい物があれば、俺が買ってきてやろう」
「あんたの名前は?」
「オランプだ」
 ミゼルたちはオランプと名乗る若者に自分たちの名を名乗った。
「ミゼルにリリアに、ピオにマキルとザキルだな。よろしく」
 オランプはミゼルたちに笑顔を向けた。
「いったい、ヤラベアムの人間が、こんな所で何をしているんだ? いや、言いたくなければ無理に言わんでもいいが」
「別に隠すつもりはない。実は、ぼくの父がレハベアムの虜になっている。それを救い出しに来たんだ」
「虜というと、あの不死人のことか?」
「そうだ。知っているのか?」
「ここでは有名な話だ。国王カリオスの魔力でも殺せない人間がいるとな。だが、永遠に地下牢の中に閉じこめられていては、不死の体も意味がないと、皆話している」
「そうか、やはり父はまだ生きていたか」
 ミゼルは感慨無量だった。自分がここまで旅をしてきたのは無駄ではなかった。
 オランプは、レハベアムの情勢をいろいろと話してくれた。大神官カリオスが前の国王モルデを殺して王位を奪った後、世の中が悪くなり、国民の暮らしは苦しくなったこと、ここでは貴族たちは平民を人間扱いしないこと、しかし法が厳しいので、人々は不満を口に出せないことなどである。
「だから、あんたたちがもしもカリオスを殺してくれるなら、俺達にとってはこんな嬉しいことはないのさ。だが、カリオスはとてつもない魔力を持っている。奴を倒すのは不可能だろうな」
 オランプは淡々とした口調でそう言った。
「そうとも限らんさ。奴が悪魔なら、こっちは神様が味方している」
 ピオが軽口を叩いた。
「この世に神がいるなら、もっといい世界を作っただろうさ。俺達にとっちゃあ、この世は地獄みたいなもんだ」
 オランプはシニカルな口調で言ったが、ミゼルたちのために必要な物を運んでくれることを約束して、町に戻っていった。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
25 26 27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析