忍者ブログ

少年騎士ミゼルの遍歴 33

第三十三章 謎

 それからしばらく歩くと、そこに両脇にスフィンクスの像のある、扉のついた壁があった。この奥が破邪の盾を収めた最後の部屋だろう。ミゼルの胸は希望で高鳴った。
 しかし、その時、入り口の横のスフィンクスの像が、見る見るうちに生き物の姿になった。体はライオンだが、顔は人間である。一人は男、一人は女の顔だ。
「人間よ。この部屋に何の用がある」
 スフィンクスたちは、軋るような、鳥の鳴き声に似た声で言った。
「破邪の盾を貰いに来た」
 ミゼルは答えた。
「お前は、ここに来るまでに獣や亡霊たちを倒してきた。お前の武勇の力は認めよう。だが、破邪の盾を持つ者には、知恵が無ければならぬ。お前に知恵があるか、確かめさせて貰おう。この問いに答えられなければ、お前はわしに食い殺され、永遠に地獄の辺地にさまようのだ。それが怖ければ、ここから帰るがよい。逃げたとて誰もお前を責めまい。もっとも、無事に帰れるかどうかは分からぬがな」
「逃げはせぬ。何でも聞くがよい。スフィンクスよ」
「身の程知らずな人間め。では、問おう。
わしはライオンの力を持ち、人間の知恵を持っている。そして、獣にも人間にも無い霊力を持っている。この世にわしを倒せるものは一つしかないのだ。それは何であるか答えよ」
 ミゼルの心に、一つの言葉が響き渡った。
「簡単な謎だ。古の神々ですら、勝てなかったものがある。それは、運命の力だ。お前たちの定めは、私に謎を破られることだったのだ」
 悲鳴のような声とともに、スフィンクスたちは消え去った。
 ミゼルは、先ほどの声は何だったのだろうと考えた。スフィンクスの問いに対する答は、自分が考えたのではなく、天から与えられたような気がした。
 天にいる誰かが俺を見守っている、とミゼルは考えた。それはきっと、死んだ母、ナディアだろう。
 ミゼルの前の扉は自然に開かれた。ミゼルは部屋に入って、そこに祭壇のような台があり、ビロードのような布の上に安置された破邪の盾があるのを見た。盾は静かな白い光を放っている。ミゼルがそれを手に取ると、心に何とも言えない安心感のようなものが広がった。これは破邪の盾の持つ霊力のためだろうか。
 帰り道では、もはや怪物や亡霊たちは現れなかった。
 ミゼルが試練の洞窟の入り口から顔を出すと、ピオばかりでなく、老神官とその娘、リリアも喜びの顔で彼を出迎えた。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 7 8
11
27 28 29

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析