忍者ブログ

ある日どこかで

少し前の記事のタイトルに書いた「somewhere in time」とは、実は或る映画の原題で、この映画のことは前に書いたかもしれない。
実に素晴らしいロマンチックSF映画で、SFというよりはファンタジー映画と言うべきか。
ラフマニノフの曲がメインテーマに使われ、何度も流れるのだが、その使い方も素晴らしい。映像も実にきれいである。主演のクリストファー・リーブは「スーパーマン」の主演俳優として知られているが、生涯の代表作はこちらだろう。

なお、大昔の(は大袈裟だが)SFファンタジー映画「ジェニーの肖像」も、傑作なので、機会があれば(アマゾンプライムにあると思う。)御覧になるといい。主演女優がさまざまな年齢で出てくるが、当時のメーキャップ技術ではローティーンの少女にはとても見えないのが難点だが、それ以外は素晴らしい。今の映像技術でリメイクしたらいい作品だと思う。

ついでだが、「ある日どこかで」は、誤訳に近い邦題だと思う。「時のどこかで」と訳すべきだろう。時の流れの中で迷子になり、巡り合う男女の話なのだから、そのほうがいい。


(以下引用)



ある日どこかで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ある日どこかで
Somewhere in Time
監督ヤノット・シュワルツ
脚本リチャード・マシスン
原作リチャード・マシスン
製作スティーヴン・サイモン
レイ・スターク
出演者クリストファー・リーヴ
ジェーン・シーモア
音楽ジョン・バリー
撮影イシドア・マンコフスキー
編集ジェフ・ガーソン
配給アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 CIC[1]
公開アメリカ合衆国の旗 1980年10月3日
日本の旗 1981年1月31日[2]
上映時間103分
製作国アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語英語
製作費$5,100,000
テンプレートを表示

ある日どこかで』(Somewhere in Time)は、1976年発売のリチャード・マシスンSF小説世界幻想文学大賞受賞作)及びそれを原作とする1980年アメリカ合衆国の映画で、SFラヴストーリーユニバーサル・ピクチャーズ製作、カラー(モノラル)、約103分。 「カルト古典」映画としてコアなマニアによって好んで視聴されている。「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本 第一回・第二回」にも選ばれているように、公開四十年を過ぎた今日でも熱烈なファンが多い。





拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析