忍者ブログ

二つの「bound」

ずっと前から気になっていた「インバウンド」という言葉を英和辞書で調べるとinbound「形:本国行きの」という簡単な説明しか載っていない。おそらく、この形容詞を経済関係者が「外国から国内に流れ込むカネ」の意味で名詞的に使うようになったのだろう。
ちなみに、boundには二種類あり、ひとつは誰でも知っている「跳ね返る」意味で、ふたつめが、「境界」の意味だ。インバウンドはその、我々があまり知らない方の意味だから非常に耳遠く奇妙に響くのである。
実は、ゴルフのOBは「out of bound」の略語で、「境界を超えた」球である。だが、OBが「out of bound」の略だと知っていても、そのboundが「境界」の意味だと知らないゴルファーが大半ではないかと思う。というのは、ゴルフボールはやたらと「跳ね返る」球でもあるからだww
ついでに言うと、サイモンとガーファンクルの歌に「ホームワードバウンド」というタイトルの歌があり、このバウンドも州と州の境のことかと思う。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析