忍者ブログ

日本会議を支える宗教集団

「ハーバービジネスオンライン」から転載。
「日本会議」というと、神道連盟がその背後にある、というイメージだが、そう単純なものでもないようだ。
仏教系の中では、なぜ天台系と日蓮宗系がほとんどなのか、その道に詳しい人の解説を聞きたいものである。そのほかに、キリスト教系もあるし、ワケワカメ(すでに死語か?)である。まあ、現在の宗教のほとんどは、後世の人間が勝手な解釈で原宗教を捻じ曲げたものだ、と私は思っているし、特に現在の「宗教家」は、「宗教で食っている連中」であること、政治家が「政治で食っている連中」であるのと同様だろう。つまり、「自分の生活が第一」という連中だ。いずれにしても、「日本会議」に集まっている、というだけでこの連中の本性は分かる。



(以下引用)

日本会議に集まる宗教団体の面々――シリーズ【草の根保守の蠢動 第3回】



表 2 日本会議への参加および日本会議内での活動が確認されている宗教団体一覧


表 2 日本会議への参加および日本会議内での活動が確認されている宗教団体一覧


拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析