忍者ブログ

マスト項目とウォント項目を明確に分けること

コメントへのコメント(ふぉーじょ氏コメント)が上から目線に見えるのが気になるので、私自身が論評すると同様のこととなりそうでためらってしまうが、阿部さん(被害者の御父君)のコメントは見事な「警世の言」になっている。(やはり上から目線になってしまったか。)
娘さんがわずか22歳で亡くなったのは痛ましいが、幸福な22年間だったなら、幸いである。彼女たちの死を、「事故」で片付けず、「社会の歪み」から発生した悲劇だ、と捉えることこそ、こうした事件の再発を防ぎ、悲劇を起こさないことにつながるだろう。

バス事故には限らない。今の日本は単なる「ウォント項目」が「マスト項目」にすり替えられ、ブラック化していることが多い。
たとえば、大雪の時に会社や学校に出ることは、本当に「マスト項目」なのか。それで起こった通勤通学途中での事故の責任は誰が取れるのか。
そうした事態の時には子供が学校を休むことを親や家族が勧め、会社員なら、叱責や処分覚悟の上で会社を休むこともあっていいと思う。何より大事なのは自分や家族の命なのだから。
私は、大雪の時やその後の道路凍結時に、バスや自動車が運行されていること自体が「事故の可能性を覚悟の上で」やっているようにしか見えないし、それは狂気に見える。(ここでは、自然災害時でも出勤せざるをえない仕事については論じないが、そうした職務の人々の仕事を増やすのも、一般人の「無理な行動」による事故だろう。)

会社やその他の組織自体も、社員や構成員に対する単なる「ウォント項目」を暗に「マスト項目」としているところはないか、気をつけねばならないだろう。それがブラック企業やブラック組織、ひいてはブラック社会の最大の特徴であるからだ。




(以下引用)



ふぉーじょ @ntvanabiglove 10時間前

バス事故で亡くなられた阿部真理絵さんの通夜にて、お父さんがコメントしたっぽいけれども、下手なコメンテーターより一枚上手というか。すごく冷静に状況分析ができている。

埋め込み画像への固定リンク

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
25 26 27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析