忍者ブログ

慰安婦像建立という蛮行に対し、相応の愚行で応えた、ということ。

筒井康隆ファンとしては、今回の発言は単に、韓国の一部の人間がいつまでも慰安婦問題で日本非難を繰り返すのが癪に障るので、うっぷん晴らしをしただけではないか、と思う。これは、べつに右翼でなくても、日本人であれば日本や日本人への批判は自分が批判されているようなものだから、だいたい癪に障ることは癪に障るので、しかもそれを口にするとまた非難されるという「出口なし」状態だから、あえて炎上覚悟で挑発したのだろう。まあ、年を取っても丸くならないのが筒井だ、としか言えない。
韓国人もいいかげん、こういう陰湿な嫌がらせ行為はやめたらどうか。慰安婦問題の政治的決着をつけることと、慰安婦像を世界中に作ることはまったく別の問題ではないか。なぜ日本人が外国に行くたびに不愉快に思うようなことをわざわざするのか。政治的に無色透明であるような日本人をも韓国嫌いにし、両国を遠ざけるだけではないか。

カマヤン1192(昔漫画家だった人) Retweeted

筒井康隆は冷笑系の父なり。筒井、冷笑系を生み、冷笑系は2ちゃんねるを生み、2ちゃんねるはネトウヨを生み、ネトウヨ、Twitterの地に満てり。かれネトウヨにあらざればとてかの放言をTwitterに放流せるも、時すでに遅し。





             さんがリツイート

長年のファンには「八十を過ぎてまだこんな馬鹿な事を」と安らぎを与え、名も知れぬ野良犬には噛みつきやすい餌を恵んでやる。筒井さんはなんと優しい人だろう。






(夢人追記)ついでに、以前にも載せたが、江戸時代のブラックジョークを、今日の日に合わせて載せておく。これをブラックジョークだと言っているのは私だけであり、国文学者などは、真面目な死児追悼の句だと言っている。卯月八日は灌仏会の日である。つまり、釈迦の誕生日。


卯月八日 死んで生まるる子は仏 (与謝蕪村)




(夢人追記2)今、反権力ジジイの巣窟、ネットゲリラ読者コメント欄を見たら、大半が筒井のオールドファンらしく、大喜びで騒いでいるwww まあ、私も同類で、これまでも筒井の名言をいくつも引用してきたはずだ。私の頭脳の5%は筒井成分でできている。


コメント(17)


慰安婦像の慰安旅行、なかなか冴えてますね、筒井センセ。2chの中の人は引用するのが関の山wオリジナルなのは皆無、現実ではフツーの市民w
あたかも法律の火の輪をあれよとかいくぐってみせる、著作権芸人ですw



>睡眠薬が「滅茶苦茶エロい夢を見続けた」w 


今流行りの、ガッテンでは糖尿病にも効くという噂のw、オレキシン受容体拮抗薬でしょうかね
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1190023F1024_1_09/
http://suimin-shougai.net/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%81%AE%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8/


流石なのは、「エロい悪夢」にならないことだな
いや、82歳だと、「エロい夢」自体が悪夢なのかもww



筒井康隆を知ったのはもう半世紀程も前、SFマガジンでした。
SF作家というのは、常々奇想天外な発想を追い続けているせいか、少々現実離れした頭の構造になっちゃうんですかね。
小松左京は「自分の精液をフライパンで焼いて食べたことがある」そうです。
焼いて食べる程の量が採れるんだからご立派。
少女像に太陽光集めてアッチッチにしておけば、薄焼き卵ならぬ薄焼きザーメンの出来上がりっ、「どうぞお召し上がり下さい」なんちゃってww。
私は4,5日前に鯛の白子を煮て食べました・・・科学的には大差ないですw。
ちなみに私が一番美味いと思った食べ物は「ふぐの白子」ですw。



星新一、小松左京、筒井康隆、半村良、眉村卓
日本のSFが一番良かったころの顔ぶれですが、みんな毒があって物議を醸したものです。
最近はなんか人情ものみたいな糞みたいな小説ばかりになって反吐が出ますね。


この中でも筒井の毒は強烈で思春期や若者が読むと中毒になった。
その挙句が筒井ファンの沖田君みたいな強烈な厭世感につながったりするので要注意です。まあ角川文庫でも大部分絶版になってますが。


筒井の痔眠党、恍冥党、凶惨党の当て字は本質を言い当てていて今でも傑作だと思います。



内容はムチャクチャだし、非道いことは間違いないが、
筒井康隆ならそれほど驚くようなことは無い発言だな。


はっきり言えばネトウヨの本心だろ。当人たちは自覚してないかもしれないけど。
早い話「キチガイの本心」のあぶり出し。
この意見にホイホイ乗れば乗るほど、
ネトウヨが白い目で見られるという構造やな。




「お詫びしなさい」
「詫びるくらいやったら、初めからなにもせえしまへん」
「良心がないのですか」
「それ、ありますけど、やっぱり悪いことする方が楽しい」
「やくざと同じね、悪いことして威張るなんて」
「『悪いこと』ちゅうのは、そないに悪いことですやろか。『ええこと』ちゅうのは、本当にええことですやろか」
「うるさい。さっさと謝罪しろ」
「謝罪したら許しまっか」
「許すわけないだろ、バカモン」
「なら謝罪するだけ無駄と違いまっか」
「ますますつけあがりあがって」
「ますますもってホタテ貝」
(「俗物図鑑」を適当に編集)



>ちなみにTwitterの分は削除されたが、ブログの文章ではそのままですw


そのブログを掲載しているところは、ASAHIネットで朝日新聞と関係あり。
池上彰のときみたいなグダグダが起こるかなあ。



(3月の来韓中国人40%減、日本人は22%増)


スキダなwww
ナニしにいってるんだろ ??
在日ばっかり ??
運賃ダンピング ??


そんなことよりww


ゲリラの旦那www三島の筒井さん


ナゼってw


>若いころから自分をハンサムで色男だと自負していて



 京都の戦時特別学級で湯川博士のもと原爆開発に参加するため、大して好きでもない高度の数学や物理の勉強を無理矢理させられて、頭がおかしくなったのだ、とばかり思っていました。


 ところが、さっきwikiを見てきたら「まもなく実施された知能検査で市内トップのIQ178であることが判明し、終戦後、当時大阪市によって設置されていた特別教室(政府設置の特別科学学級とは異なる)に在籍した。」とのことでした。


 「特別教室」って、いったい何を教えていたのだろうw



訂正 IQ178 → IQ187


「IQ178」は高いほうの「IQ187」にと、どんどん修正は進む。
http://d.hatena.ne.jp/flow2005/20101124/p1



大阪市の「特別教室」ですが、復活の見込みw


(問題児童らの特別教室)
http://megalodon.jp/2014-0630-1313-31/www.asahi.com/articles/ASG6965JCG69PTIL01Y.html


 ・・82歳の問題爺はどこに入れればw 特別狂室?



www



奪還マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン


 表面的には顰蹙買う言葉だけど、政府の対応への憤りがみなぎっててとても秀逸だと思います。
 だいたいミサイルを言い訳にしてるが、朝鮮戦争は休戦してるだけなんだし竹島も不法占拠してるんだから、もう渡航禁止にすればいい。
 いつ有事になってもおかしくないのに、外務省の韓国危険度レベルが黄色でもない真っ白って変でしょ。プロレスとわかってるからか?w
 82歳というと戦後の無法ぶり見ててもおかしくないし、大御所がこの程度は罰あたらない。うちの母さんでも「ちょーせん嫌い」くらい言ってるw
 ・・で、竹島の奪還いつすんだアベ



じじぃwwwwwwwww



それにしてもヤフコメで筒井康隆なんかただの一度も読んだことなさそうなネトウヨのガキが喜々として賛同のコメ連発していて笑えるw
あのおっさんはわざと過激な発言をして火をつけたいだけでしょう
いつもそういう人だし。



この人は予言する人だから困るw
色々当てたよね。
近い将来日本人は、半島へ行って何かをザーメンまみれにしてくるのだろうw


ちなみに”おそろしあ”のネタ元ってこの人だよねw?



>ずーっと正気を保ったまま狂ってる人。



【 ETV特集 永山則夫 100時間の告白 ~封印された精神鑑定の真実~  】~警察庁広域重要指定108号事件~


https://www.youtube.com/watch?v=Bk1ElWo68Kw



>獄中で、読み書きも困難な状態から独学で執筆活動を開始し、1971年に手記『無知の涙』、『人民をわすれたカナリアたち』を発表した。この印税は4人の被害者遺族へ支払い、そのことが1981年の高等裁判所判決において情状の一つとして考慮され、無期懲役という減刑につながった(のち差し戻し審で死刑判決、最高裁の上告棄却により1990年4月17日に死刑確定)。



・・・筒井康隆と言えば、永山則夫死刑囚が日本文藝家協会への入会を断られた際に⇒激しく抗議しました。筒井康隆曰く「どんなに残虐な悪人であっても、良い作品を生み出すなら作家として(クリエイターとして)認めろ」と言う主張です。筒井康隆のほか中上健次・柄谷行人・井口時男も日本文藝家協会から抗議の脱退、入会委員長の青山光二、佐伯彰一など理事と対立しました。


 永山則夫(元死刑囚)は他の死刑囚、収監されていた多くの殺人犯に影響を与える。1983年には小説『木橋(きはし)』で第19回新日本文学賞を受賞し、文藝家協会を大きく揺さぶりました。



>実際に人を殺し、死刑宣告されたものの身の重さは、夢などから類推できる筈がないのである。その重さを人並み以上のすぐれた文章で表現できる人物が入会を求めてきている。三顧の例を持って迎えるべきではないか。最初、永山則夫が会員に推薦されたと聞いたとき、おれはそう思った。そして、とどのつまり拒否の決定があったということを知ったときは身の置き所の悪さを強く感じた。作家の集まりを「虞犯者の集団」と認識して反体制的な梁山伯のごときロマンを求めていたことは間違いだったのだ。(筒井康隆のエッセイ・悪と異端者)










拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 7 8
11
25 26 27 28 29

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析