忍者ブログ

御用ジャーナリスト

「Localand」というブログから転載。
2011年1月の記事で、田原総一郎の講演はその前年の10月だというから、「3.11」の前である。つまり、田原は当時、原発ムラのスポークスマンをせっせとやっていた、ということである。まあ、そんなのは多くの人が知っているのかもしれないし、もともと田原など大嫌いで、信頼に値しないジャーナリストだと思っている、私のような人間も多いとは思うが、田原は確か「東京原発」という反原発映画(と思われる)のプロデュースか監修か何かをもしていた記憶があるので、原発に関してだけは反原発かと私は思い込んでいた。(今確認すると、田原はこの映画の製作にはまったく関わっていないようだ。どうして私がそんな思い込みをしていたのか分からないが、この映画の宣伝の一部に、彼のこの映画への好意的な評が載っていた、というだけかもしれない。原発擁護の講演をする一方で、反原発映画(?)の宣伝にも一役買う。マスコミ人とはもともとそういうものだろう。)
まあ、いずれにしても、ずっとテレビに出ているジャーナリストはすべて御用ジャーナリストであり、けっして信じてはいけない、ということである。
なお、この田原が山本太郎に向かって、「あんた、(フクシマ問題について)勉強しろ!」と偉そうなことを言ったという「阿**」記事を追記しておく。読むと腹が立つかと思うので、読まないほうが精神衛生にはいいかもしれない。



(以下引用)

2011年1月24日

田原総一郎の講演料

去年の話になりますが、10月19日に弘前市で行われた「原子燃料サイクル意見交換会」に関して、安藤晴美県議が情報開示請求し、その結果、わかったことです。
企画は、資源エネルギー庁と青森県の共催で、(株)RABサービスに委託されて行われており、委託料は129万6750円。その内訳は、ジャーナリストの田原総一郎氏の講演料が110万円。交通費8万円。司会料3万円。管理手数料(食費含む)2万5千円。
安藤晴美県議は、この会に参加したそうで、安藤晴美のブログに、感想を掲載しています。















以下安藤晴美さんのブログより掲載

***************************

 原子燃料サイクル意見交換会が弘前で開催され出席してきました。

 経済産業省資源エネルギー庁と青森県の共催です。

 最初に原子燃料サイクルについての説明がなされ、その後、ジャーナリストの田原総一朗氏が講演を行いました(写真)。

 てっきり今日の表題「原子燃料サイクル」について、ご本人の考え方を述べるのかと思いきや、前半の30分は、原発の必要性と日本の原発の技術がいかに優れているか、また中東やベトナムに輸出できず、韓国に先を越されたのは、日本の商売が下手で、仲間づくりが下手だから・・・・などと。

 その後の30分は、もっぱら最近開かれた国会での予算委員会の話や中国との尖閣諸島をめぐる問題、反日デモにまつわる中国人の反政府感情などの話で、核燃料サイクルの問題を講義してもらうために、税金をたんまりかけて呼んだはずの講師なのにがっかりしました。

 「再処理施設のガラス固化技術が行き詰まっている問題をどう思うか」の質問に「困っているのは原燃であり、あなた、何かそれで困ることあるの」と問題をはぐらかす有様でした。

 最後に、発言した方が安全性の問題を指摘したところ、「あなたのような方が頑張らないと・・」とかいいながら、誠実に答えようともせず、そそくさと部屋を出ていきました。

***************************

写真を見ると「ジャーナリスト 田原総一郎」とあるけど、こんなのジャーナリストでも何でもないでしょ。最低!!
山本太郎に田原総一朗「あんた勉強しろ」(日刊スポーツ)
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/654.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2011 年 10 月 21 日 06:36:34: tZW9Ar4r/Y2EU

脱原発を訴える俳優山本太郎(36)が20日、ニコニコ生放送の番組「田原総一朗 談論爆発!」に出演し、政治評論家の田原総一朗氏(77)と原発問題について大激論した。山本は放射能汚染にさらされている福島在住の人たちが、住民票を福島に残した上でコミュニティーが一時避難する「サテライト疎開」の必要性を主張したが、田原氏から「あなたのようなよそ者が、引っ越せなんて言うのは無責任」と厳しく反論されたり、「あんた、勉強しろ!!」と叱責(しっせき)されたりもした。


 山本はそれでも、臆することなく持論を展開した。11月14日に福島市内で行われる東日本女子駅伝開催の中止も訴えており、田原氏にも思いを語った。放射線数値の測定要員と測定値を分析できる研究者を求めており、田原氏に「マラソンを中止に追い込むのは大変ですか?」と尋ねると「放射線量は発表できるの? 僕がBS朝日でやってる番組で放送するよ」と約束された。


 出演後、山本は「(放射能汚染の)危険が高まってきていることに焦りを感じる。この国が“長生きラッキー”という部類に入ると考えると気が重くなるけど、生きていることに感謝して生きていきたい」と話した。


 [2011年10月20日21時56分]


http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20111020-852642.html  



拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析