忍者ブログ

東京新聞と中日新聞の快挙

「阿**」から読者コメント付きで転載。
ツィッター記事はコピーできなかったが、読者コメントがその代用になる。(東京新聞記事もコピーできていないが、読者コメントの中に出ている。青字にしてある。)
遅まきではあるが、この記事は出ないよりははるかにマシである。これで初めて、こういう事実(ジャパンハンドラーズが日本の政策を指示していたこと)があったことを知ったという国民はかなりいるのではないか。惜しむらくは、これが地方紙であることだ。
あとは、全国紙(四大紙)がこれに続くかどうかだ。
その後に必要なのは、「日本の独立」を国民的議論に高めていくことだろう。マスコミを「マスゴミ」や「騙すゴミ」呼ばわりするよりも、その中から「独立の志士」「正義の味方」を見出すほうが有益ではないか。すでに、東京新聞と中日新聞は国民の味方である。朝日と毎日は洞ヶ峠を決め込んでいるのだろうが、これも流れが傾けばすぐに国民側に付く。となれば、政府の今後の行動に大きな制約がかかることになるはずである。
東京新聞と中日新聞の今回の行動は、けっして無益ではないと思う。
実際、こういう記事が大手マスコミに載ることがありうるとは私は想像もしていなかったのだ。両社の英断を讃えたい。




(以下引用)


<ついに新聞記事に!>安倍政権の政策はアメリカの要望の完全コピー!加速する日本の植民地状態!9月22日東京新聞
http://www.asyura2.com/15/senkyo193/msg/452.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 9 月 22 日 14:15:05: igsppGRN/E9PQ
   
 
【ついに新聞記事に!】安倍政権の政策はアメリカの要望の完全コピー!加速する日本の植民地状態!9月22日東京新聞
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/6389
2015/09/22 健康になるためのブログ




以下ネットの反応。


(中略)


遅い!と言えば遅いのですが、掲載しない他紙よりはずいぶんマシですよね。やはり新聞の中では東京新聞・中日新聞は別格です。あまり知られていませんが、密かに計300万部以上(毎日と拮抗)の発行部数であり、特に東海3件の閲読者数は6割以上で、全国紙は、4紙合計で2割以下に過ぎないという状態です。


⇒東京新聞・中日新聞の発行部数などはこちらをクリック
http://www.adrep.co.jp/media/


ただ、残念ながら今回の記事でもTPPのことには触れられていないようですね。もっと踏み込んだ記事が書けるように応援していきましょう!


【アメリカからの安倍政権への指令書】「第3次アーミテージレポート」とは:「集団的自衛権の行使容認」、「原発の推進」、「TPP交渉参加推進」など
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/2781


TPPは触れられないんですね



 



   
 


     


  拍手はせず、拍手一覧を見る






コメント
 
1. 2015年9月22日 15:24:23 : Nd3zudmzAo
「集団的自衛権は、義務じゃなくて権利なんですよ。」(外務省出身のミヤケ)

ほほーっ。それでは、沖縄の基地も日本の権利、日本の米軍基地も日本の権利、アメリカの戦闘機を買うのも日本の権利ですか。権利ってそういう意味でしたっけ。


2. 2015年9月22日 15:42:23 : Iwjc8qRiKU
遅いとは思うけれどもそれでも東京新聞よくやった!!
これでもう怖いものはなくなっただろうから、遠慮せず第二弾三弾も頼みますよ。
ネトウヨや安倍がガタガタ言ってきたら、俺らが全力で反撃してやるから怯まずガンガンいけ。

3. 2015年9月22日 16:36:27 : mLvOUKKAgo


これからどうなる安保法 (1)米要望通り法制化

2015年9月22日 東京新聞

 他国を武力で守る集団的自衛権の行使容認を中心とした安全保障関連法が、多くの国民が反対する中で成立した。「戦えない国」を貫いてきた日本を「戦える国」に変質させる安保法の下、自衛隊の活動はどう変わるのか。国民にはどう影響し、日本はどこへ向かうのか。さまざまな角度から考える。


 「この夏までに成就させる」。安倍晋三首相は五カ月前の訪米中、米議会での演説で安保法成立を約束した。まだ法案を閣議決定する前で、国民も国会も内容を知らない段階だった。


 だが、集団的自衛権の行使容認を含む安保法の内容は五カ月前どころか三年前に予想できた。米国の超党派の日本専門家が二〇一二年にまとめた「アーミテージ・ナイ報告書」だ。


 アーミテージ元国務副長官、ナイ元国防次官補らが共同執筆し、日本に安保法の制定を求めていた。両氏は、一般に「知日派」と訳される「ジャパン・ハンドラー」の代表格。報告書の影響力からすれば、文字通り「日本を操っている」ようにも映る。


 報告書は日本に米国との同盟強化を迫り、日本が集団的自衛権を行使できないことを「日米同盟の障害となっている」と断じた。


 自衛隊の活動範囲の拡大や中東・ホルムズ海峡での機雷掃海も求め、南シナ海での警戒監視活動の実施も要求。国連平和維持活動(PKO)でも、離れた場所で襲撃された他国部隊などを武器を使って助ける「駆け付け警護」の任務追加の必要性を強調した。かなり具体的な内容だ。


 これらの方向性は、ほぼ安保法に網羅され、首相は集団的自衛権行使の事例として、ホルムズ海峡での機雷掃海にこだわり続けた。防衛省は安保法の成立前から、南スーダンでPKOを続ける自衛隊に駆け付け警護の任務を追加することや、南シナ海での警戒監視活動の検討を始めた。


 報告書では、情報保全の向上や武器輸出三原則の見直し、原発の再稼働にも言及。特定秘密保護法の制定、武器輸出の原則解禁、原発再稼働方針に重なる。安倍政権は一二年の発足以降、これらすべての政策を手がけてきた。


 「(安倍政権の政策は)そっくりそのままだ。こういうのを完全コピー、『完コピ』と言う。すべて米国の要求通りに行っている。独立国家と呼べるのか」


 生活の党の山本太郎共同代表は安保法の参院審議で政権の姿勢を批判した。


 首相は安保法の運用に関し「政策は日本が主体的に判断し、米国の言いなりになるものではない」と説明。同時に「日米同盟が完全に機能することで抑止力が高まる」とも強調する。


 違憲の指摘にも、国民の反対にも耳を貸さず、集団的自衛権の行使容認に踏み切った安倍政権。米国から具体的な要求を受けた時、主体的に判断できるのか。報告書と、安保法をはじめとする政権の政策の関係を見る限り、疑問と言わざるを得ない。 (中根政人)


http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015092202000210.html


4. 2015年9月22日 16:43:42 : uqeHFKdlhI
自民党よ、主権国家の尊厳をかなぐり捨て、
ゴイムに成り下がる事が日米関係の強化(深化)なると思いたがっている。
(本当は怖くて尾っぽを丸めているだけだが・・)
その関係強化したい相手が関わってきた戦争は疑惑だらけだが見てみない
振りしている。
911は自作自演と言われている。山ほどある疑惑の中でWTC第7ビル
の倒壊は自作自演で無ければ説明がつかない。
その理由は、
飛行機も衝突していないで、
火災も起きていなくて、
外面は全く損壊していなくて、
それで、
自由落下のスピードで崩壊した。
http://www.911myreport.info/sub2.html
アフガン侵攻も、イラク侵攻も、目的は石油利権の為との見方がある。
何十万人の民を犠牲にして、
何百万の難民を生み、
しゃあしゃあと正義面して空爆している。

5. 2015年9月22日 18:15:54 : PatCAjlV8I

 はいはい

 次の選挙で勝負な


 負け犬は負け犬らしく


 キャイ~ンって哭けよ


6. 2015年9月22日 18:24:27 : z37qbPrEQ2
こいつらは世界中の恥です!

7. ダイビング 2015年9月22日 19:41:53 : Tl/LyMrLVqL6U : GLUiH1o95U

相手には正当な選挙権をもつ基礎票2,500万票があり、2016年の参院半数改選、2018年末の衆議院選挙、2019年の参院半数選挙の三つにひとつずつ勝っていく必要があります。
今回の運動には、やはりジジーババーが過半でしたが、SEALDsなどとともに
若い人も多く、ここ4年以内、恨みを忘れず、ひとつひとつ、政治的勝利
を収めていきましょう。

8. 2015年9月22日 21:01:04 : DaQXgZk6xA

ま、前から知ってたけど、

これじゃ、自主憲法への改正なんて無理だろう!


また、アメリカの都合よい憲法に変えられるだけだ。



9. 2015年9月22日 21:06:08 : 50YHVPZ5Xs
全ての国民はこれを読んで欲しい。
  ========================================
日本は主権国家でないことを自覚せよ! 内田樹
6月 23rd, 2015 by 月刊日本編集部.

9784569808369
内田樹氏の共著
誰が何と言おうと日本は米国の従属国だ
── 安倍政権は対米従属を深めていますね。
内田 先日、ある新聞社から安倍政権と日米同盟と村山談話のそれぞれについて、100点満点で点をつけてくれという依頼がありました。私は「日米同盟に関する評点はつけられない」と回答しました。日米同盟は日本の政治にとって所与の自然環境のようなものです。私たちはその「枠内」で思考することをつねに強いられている。「井の中の蛙」に向かって「お前の住んでいる井戸の適否について評点をつけろ」と言われても無理です。「大海」がどんなものだか誰も知らないんですから。
 日米が「同盟関係」にあるというのは不正確な言い方です。誰が何を言おうが、日本はアメリカの従属国です。日米関係は双務的な関係ではなく、宗主国と従属国の関係です。日本政府は、外交についても国防についても、エネルギーや食糧や医療についてさえ重要政策を自己決定する権限を持たされていない。年次改革要望書や日米合同委員会やアーミテージ・ナイ・レポートなどを通じてアメリカが要求してくる政策を日本の統治者たちはひたすら忠実に実行してきた。その速度と効率が日本国内におけるキャリア形成と同期している。つまり、アメリカの要求をできる限り迅速かつ忠実に物質化できる政治家、官僚、学者、企業人、ジャーナリストたちだけが国内の位階制の上位に就ける、そういう構造が70年かけて出来上がってしまった。アメリカの国益を最優先的に配慮できる人間しか日本の統治システムの管理運営にかかわれない。そこまでこの構造は硬直化してしまった。


安倍の最終ゴールは「戦争できる国」
── 対米従属構造から脱却できるのでしょうか。
内田 まず私たちは、「日本は主権国家でなく、政策決定のフリーハンドを持っていない従属国だ」という現実をストレートに認識するところから始めなければなりません。国家主権を回復するためには「今は主権が奪われている」という事実を認めるしかない。病気を治すには、しっかりと病識を持つ必要がある。「日本は主権国家であり、すべての政策を自己決定している」という妄想からまず覚める必要がある。
 戦後70年、日本の国家戦略は「対米従属を通じての対米自立」というものでした。敗戦国、日占領国としては必至の選択でした。ことの良否をあげつらっても始まらない。それしか生きる道がなかったのです。でも、対米従属はあくまで一時的な迂回であって、最終目標は対米自立であるということは統治にかかわる全員が了解していた。「面従腹背」を演じていたのです。けれども、70年にわたって「一時的迂回としての対米従属」を続けているうちに、「対米従属技術に長けた人間たち」だけがエリート層を形成するようになってしまった。彼らにとっては「対米自立」という長期的な国家目標はすでにどうでもよいものになっている。彼らはただ国内的なヒエラルヒーの上位を占めて権力や威信や資産を増大させるという個人的目標のために日々立ち働いている。「対米従属を通じて自己利益を増大させようとする」人たちが現代日本の統治システムを制御している。
 安倍首相が採択をめざす安保法制がアメリカの戦争に日本が全面的にコミットすることを通じて対米自立を果すための戦術的迂回であるというのなら、その理路はわからないではありません。アメリカ兵士の代わりに自衛隊員の命を差し出す。その代わりにアメリカは日本に対する支配を緩和しろ、日本の政策決定権を認めろ、基地を返還して国土を返せというのなら、良否は別として話の筋目は通っている。でも、安倍首相はそんなことをまったく要求する気はありません。彼の最終ゴールは「戦争ができる国になる」というところです。それが最終目標です。「国家主権の回復」という戦後日本の悲願は彼においては「戦争ができる国になること」にまで矮小化されてしまっている。「戦争ができる国=主権国家」という等式しか彼らの脳内にはない。
 アメリカの軍事行動に無批判に追随してゆくという誓約さえすればアメリカは日本が「戦争ができる国」になることを認めてくれる。それが政府の言う「安全保障環境の変化」という言葉の実質的な意味です。そこまでアメリカは国力が低下しているということです。軍事関係の「汚れ仕事」を誰かに押しつけたいと思っている。だから、アメリカの「下請け仕事」を引き受けるから、それを引き替えに「戦争ができる国」になることを許可してくれ、安倍政権はアメリカにそう懇願しているのです。
もちろん、アメリカは日本に軍事的フリーハンドを与える気はありません。アメリカの許諾の下での武力行使しか認めない。これまでの対米従属に加えて、軍事的にも対米追随する「完全な従属国」になった日本にのみアメリカは「戦争ができる国」になることを許すつもりでいます。安倍首相は「戦争ができる国こそが主権国家だ」「戦争ができる国になれば国家主権は回復されたと同じである」という奇怪な命題を媒介させることによって、実際には「対米従属を徹底させることによって、対米従属を達成する」という倒錯的な無限ループの中にはまりこんでしまったのです。これは「対米自立」を悲願としてきた戦後70年間の日本の国家目標を放棄したに等しいことです。
   ======================================


アメリカの属国から植民地になれと言うアベ政権。
人間として恥ずかしいだろう。



10. アベノモックス 2015年9月23日 00:39:42 : GoKN7L436Agek : Oeom75xoFA

>興味深い記事だが、なぜこのタイミング?

・山本太郎への援護射撃
・連休中で他に記事がなかった
・戦争法案の理不尽さの再確認


などの要素が絡み合い、風化させない勢力が頑張っているのでしょう。



11. ジャパンハンドラーズ 2015年9月23日 04:16:28 : b2rIeipHjm9z2 : h02tUnGZVY
新政党
ジャパンハンドラーズと安陪と手下達
党員 アミテージ ナイ グリーン 安陪 菅
   以上五名と 影武者(なりすまし)一太
公約通り定数削減 目出度し目出度し 

12. 2015年9月23日 04:27:43 : gmyPdD0ttc
ジャパンハンドラーズ
(ネオコン・シオニスト・グローバリスト日本工作謀略部隊)
の下僕、ナチス安倍・麻生自公と司法・行政・経団連とマスコミが
国会で売国某国立法クーデターを行うために
繰り返し行われた国政不正選挙と同じ
捏造・詐欺を繰り返しプロパガンダで既成事実として積み上げれば事足りる
真相や真実や国民の意思や正義や道徳などお構い無し
クスリとカネと権力に浸かりきりで人間の尊厳・人間としての良心を
完全に亡くしてしまった亡者

http://jp.sputniknews.com/middle_east/20150923/939626.html#ixzz3mUnFQ3BN
イスラエル警察、児童に銃を発射する権利を得る


http://jp.sputniknews.com/europe/20150922/938372.html#ixzz3mUnwAVsK
米国、独空軍基地に新型核爆弾を配備

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析