忍者ブログ

安倍擁護という売国の業(わざ)

鋭いことを言ったようで、あんまり鋭くない言葉である。
安倍があの演説を書けるだけの知能と国語力を持っていないことは誰でも知っているから、あれがスピーチライターの仕事だと思うのは自然である。
天皇陛下のスピーチもスピーチライターが書いたものだろう、とはだいたいの人が思ってはいるが、今上天皇が目を通し、それに言葉を増減しているだろう、とも思っているはずだ。それは陛下のこれまでの言動から分かることだ。つまり、これは「文責・今上天皇」なのである。ならば、「天皇陛下の言葉」だ、と言ってまったく差し支えないわけである。安倍総理と天皇陛下についてのそういう「国民の暗黙知」があるということだ。
下の言葉は鋭い指摘をしたつもりが、外れ矢になってしまっている。
「黄昏(たそがれ)から東雲(しののめ)まで」氏は、安倍総理を「安倍さん」と呼んでいることからも、その立ち位置が分かるし、事業経営者で反自民党の人間などいない(いたら潰される)のは知っているが、それなら、つまらない右寄りの政治的発言は自粛してくれたほうが、日本のためだろう。せっかくの知性の悪用である。




fromdusktildawn @fromdusktildawn 8月16日

「この総理談話は素晴らしい→スピーチライターGJ!(誰も安倍さんの言葉だと思ってない)」 「天皇陛下のお言葉素晴らしい→ 天皇陛下GJ!(みんな天皇陛下の言葉だと思ってる)」 / “天皇陛下おことば「深い反省と共に」 NHKニュース”

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15
24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析