忍者ブログ

「敗北主義」あるいは「政治へのシニシズム」

「山本太郎オフィシャルブログ」記事の一節である。
彼のようにまっすぐに政治と社会に向き合う態度に顔をそむけ、「政治はただの芝居であり、庶民がどうしようが変えられない」と言う人々もいるが、そういう「敗北主義」や斜に構えたニヒリズムやシニシズム(冷笑主義・犬儒主義)など糞くらえ、である。私も山本太郎のように、

市民が大きく横に繋がる闘い方、政治をコントロールする方法を実践すれば、被曝も、原発も、貧困も、TPPも労働環境も変えられる。

と信じている。敗北とは、自分から「負けた」と認めることであり、負けを認めない限り、たとえ殺されようが敗北などではない。

シニシズムをカタカナ変換しようとしたら、漢字変換されて「死に沈む」と出てきた。まさに、シニシズムとは自分から勝手に死に沈むことだろう。ww


(「阿**」から転載)



 安保法案の真っ盛りの時期に、友達にハメられた。

何人かで家で飲もう、って話だったはずが、


「火垂るの墓」のDVDを入手してきた工作員がいた。


最大限、拒否したが、結局、見る羽目に。


どうだったか?


どうもこうもない。


観てる間、お兄ちゃんになったり、せつこになったり、


お客さんに戻ったり、忙しすぎた。


涙が止まらないのは当然の事、観た後、2時間は放心状態だった。


他人事を勝手に自分事にしてしまう性格?


役者の職業病?


とにかく、全細胞が疲れ切った。


数日経っても、印象的な場面を思い出すと、涙腺が緩みそうになる。


非常に危険、いや、素晴らしい作品だった。


現実を見てみると、憲法違反の戦争法案が可決され形になった。


例え、将来、日本が「火垂るの墓」にならなかった、としても、


この戦争参加法によって、世界のどこかが「火垂るの墓」的な状況


になり、それを我が国がアシストする事になれば、未来は地獄だ。


憎しみの連鎖は止めらず、


それに関わった国々に生きる人々の心の安寧は訪れない。


可決してしまった戦争法は、この国に生きる人々の手で変えられる。


いや、これは皆で変えなければならないミッション。


市民が大きく横に繋がる闘い方、政治をコントロールする方法を実践すれば、被曝も、原発も、貧困も、TPPも労働環境も変えられる。


皆さんと同じ時代に、歴史的瞬間に生きている。


ワクワクしながらやってやりましょう。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析