忍者ブログ

海をわたる兎

山下一海著「戯遊の人 与謝蕪村」をぱらぱらとめくっていて、蕪村の或る句で「この世界の片隅に」の或るシーンを思い出したので、メモしておく。

「明月やうさぎのわたる諏訪の海」

という句で、この諏訪の海は瀬戸内海ではなく諏訪湖であり、うさぎがわたるのも昼ではなく明月の下という違いはあるが、水面を走る白い波をうさぎにみたてるのは昔からあったようである。
同じ本の中でも、建長寺の僧自休の詩

「緑樹影沈ンデ魚木ニ上リ、清波月落チテ兎波ヲ奔ル」

や、謡曲「竹生島」の

「緑樹かげ沈んで魚樹にのぼるけしきあり、月海上に浮んで兎も波を奔るか」(もちろん、自休の詩によるものだろう。)

などが紹介されている。
「この世界の片隅に」の作者が、これらの古典を知っていたのか、偶然なのか、どちらでも面白い。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析