忍者ブログ

客人嬰児氏の「ネトウヨ論」、の考察

「ネットゲリラ」読者コメントのひとつだが、ひとつの「ネトウヨ」論として考察材料にしてみる。
「客人嬰児」という名前はこれまで「ネットゲリラ」読者コメント欄で数回見ていると思うが、印象に残るコメントはひとつも無く、どういう政治姿勢でどういうキャラの人かは分からない。まあ、長い文章が書け、誤字は無いから、物事を論じることができるレベルの人ではあるようだ。「感情的で情緒に溺れ……感傷的な」と、同じ内容の言葉を続けるあたりは、論理ではなくその時々の思い付きだけで文章を書いているという、私に似たところもあるようだwww 

で、下のコメントは、「ネトウヨ」は誤解されている、という趣旨だが、それがどう誤解されているのかという記述はなく、「ネトウヨとは、日本国民そのものだ」という結論になっている。
つまり、右翼も左翼もノンポリも含めて、日本国民はネトウヨだ、というわけだが、その特性は大雑把に言えば「反知性主義(つまり、インテリ嫌悪)で、感情的で、保守的」ということになるかと思うが、これは日本国民だけでなくどの国でも一般大衆はそうだろう。アメリカでトランプが一般大衆に支持され大統領になった理由もそれだ。
で、客人嬰児氏が「ネトウヨとは日本国民そのものだ」と言うのは、その論に従えば、氏が日本人なら氏自身もネトウヨだ、ということであり、ネトウヨでないなら氏は日本人ではない、ということになる。「客人」という名前からして在日外国人かもしれないが、もしも日本人だとしたら、相当な自民族嫌悪感情の持ち主だろう。
「アテネ人はみな嘘つきだとアテネ人が言った」としたら、その発言は真か偽か、という命題があるが、このネトウヨ論は、発言者が何者かで妥当か否か判断されて良さそうな論である。

言うまでもなく、私は「ネトウヨとは日本人の悪い部分を煮詰めた存在であるが、そうでない日本人が大部分だ」という意見である。


(以下引用)





あまりにも誤解されているように思うので「ネトウヨ」に関してヒトコト述べます


「ネトネトウヨウヨ」はムラ社会が気の遠くなるほど昔から鄭重に「育成」してきた


通常人の一般的な資質であって決してネトウヨ諸君だけ例外的存在なのではありません


反知性主義に包まれ感情的で情緒に溺れ客観性を微塵も持てずに感傷的な人生観を持ち


自民族優先主義に酔いつつ新しいことは怖れて避け「己の狭量さは徹底して無視する」


これは新聞テレビ局に勤めるほとんどのムラ人間や学校教師にも共通する要素です


同時にテレビ雑誌新聞など各種メディアが広めてきた「ニッポン人の正常な資質」です 


さらに上級/低級の職階を問わず国家役人および地方役人の圧倒的多数に遺伝的あるいは


種痘のように植え付けられている「本能的性癖」です本来ムラ社会とはそういうものです 


      ネトウヨとは無知と前例踏襲主義の新たな野合を意味します


つまり「ネトウヨ」こそ愚かで卑怯で夜郎自大な日本人の基本的性格/資質なのです/艸。




拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
7 10
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析