忍者ブログ

英米の属国は日本だけではない

もし、竹熊氏が本気で疑問に思っているなら、純朴すぎるのではないか。
インドはもともとイギリスの植民地であり、インド独立後にインドとパキスタンに分裂したのもイギリスの操作によるものだろう。そして今に至るまで両国ともイギリスの実質的属国であるわけだ。植民地からの独立というのはそういうものだというのが私の考えだ。ただし、それが上手いのはイギリスだけで、フランスやスペインなどはそれができなかった。
で、アメリカの独立も怪しいものであり、イギリスとアメリカの支配層は同一だろう。
世界はイギリスの実質的支配国が半数を占めているわけである。とすれば、国連決議が英米支配層(英王室とユダ金)の思い通りになるのは当然だ。陣笠代議士的国家を無数に持っているのだから。





  1. ただ、パキスタンも核を持っているけど、なぜか米国には頭が上がらないね。なんでかな。



  2. 世界は金正恩の思い通りに動いている感じがする。米国と中国の態度の急変を見てると、なんだかんだ言っても核を所有することの強さを世界は思い知ったのではないか。





拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
7 10
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析