忍者ブログ

「ナメられたら殺す」?

名無し整備兵氏の言葉の意図がよく分からないのだが、本気なのか冗談なのか。そもそも、日本人のほとんどは事大主義者であり、組織や集団の下の方にいる人間、つまり大多数は「ナメられる」のが日常そのものであるから、家庭の父親は家の中で威張ってその精神的補償をしていたのである。それが日本の伝統だ。
「ナメられたら」、商売に差し支えるのがヤクザ稼業や暴力団で、彼らは時には「ナメられたら殺す」を実行するわけだが、それは刑務所に行くことが彼らには勲章ですらあるからだ。殺して得るもののほうが殺して失うものより大きいという計算にすぎない。
さて、この発言者は本気で「ナメられたら殺す」を「日本人が昔から受け継いできた大切なもの」と思っているのだろうか。
そういう心性は、あまり日本人らしくない、と私は思う。そんな人間が客商売、特にコンビニの従業員などしたら、毎日10人くらい殺すことになるだろう。世のなかには、自分がカネを払う立場だというだけで、カネを受け取る側に舐め腐った態度を取る馬鹿は大企業幹部から底辺の買い物客まで無数にいる。

まあ、それはともかく、「他人をナメる人間」や「ナメられることへの異常な拒否感」というのは考察の価値がありそうだ。つまり、名誉とかプライドとか自己愛についての考察であり、面白い心理学的問題だろう。




さんがリツイート

「日本人が豊かになって失った、昔から受け継いできた大切なもの」というと、「ナメられたら殺す」とかだろうか






拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
16 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析