忍者ブログ

闘争(暴力)ではなく対話により問題を解決すること

民族派団体と言うと分かりにくいが、日本人であることに強いプライドを持つ団体と簡単に言うと差し障りがあるだろうか。当然、日本の伝統性に固執する(高い価値を認める)のだから、保守主義のひとつと言えるだろう。
世間では右翼と言われるが、右翼には商売右翼とか暴力団の仮面組織とか保守政権工作員団体とか多くの種類がある。その中で、「一水会」はかつては新右翼と呼ばれたが、私の印象では思考の柔軟性と平和的行動(対話重視姿勢)が特徴だったように見える。もっとも、その政治綱領は知らないので、単なる印象批評だ。だが、こうした「穏健な、対話による解決を目指す政治団体」こそが、成熟した民主主義社会における政治団体のあるべき姿ではないか。
なお、「暴力」は単に物理的暴力だけではなく、権力の不当な使用も暴力だと私は思っている。暴力団が一般市民を口で脅すのも立派な暴力である。マスコミも権力であり、当然マスコミの暴力もある。



拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
7 10
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析