忍者ブログ

天国の鍵28

その二十八 アリーナの脱走

「だから、あの子をさっさと殺しておけと言ったのだ。あの子が成長すれば、お前の地位をおびやかす存在になると言ったであろう」
「あの子はまだ十歳だ」
「他の人間が、あの子をかつぎあげて、お前に刃向かうことも考えられる。危ない芽は早いうちに摘(つ)んでおくことが、権力を保つ道なのじゃ」
「もう、エドモンドにあの子を殺すように命じた」
「エドモンドはあの子の父親のようなものだろう。殺せるものか。よし、わしの配下に命じてシルベラをさがさせよう」
 ロドリーゴは女王の部屋を出て、廊下を歩いていきます。ハンスはこっそりとその後を追いました。
 自分の部屋に入ったロドリーゴは、窓に向かってなにか呪文をとなえました。
 すると、間もなく窓から部屋の中に数羽のコウモリが飛んで入ってきました。
「お前たち、この国のあちこちを探して、十歳くらいの女の子を見つけたら、近くにいる毒ヘビに伝えて、かませるのだ。毒ヘビがいなければ、なんでもよい、人を殺せる動物を見つけて指図(さしず)して殺させよ」
 ハンスはここまで聞いて、こっそりとその場からにげだしました。
 おおいそぎで、仲間のところまでもどります。いそがないと、アリーナの命があぶないのです。
 ハンスの話を聞いたアリーナは、信じませんでした。実の母親が自分を殺せと命じたなんて。
「アリーナ、いや、シルベラ、これは本当なんだ。君の命はねらわれているんだ。早くここからにげよう」
 ハンスの言葉に、大人たちもうなずきます。
「では、南グリセリードからパーリに向かうことにしよう。うまくいけば、エスカミーリオと出会えるかもしれない」
 ヴァルミラの言葉に、ピエールとヤクシーも賛成しました。
 別れをおしむエミリアを抱きしめて、ヴァルミラは馬にまたがります。ピエールとヤクシーは、エミリアのところの荷車を馬に引かせて、ヤクシーとアリーナが荷台に乗り、ピエールが馬の手綱(たづな)をとります。もちろん、ヤクシーは、アリーナがにげないように見張るのです。
 しかし、エミリアの家を出て半日ほど行ったところで、一休みしようと馬車を下りたとき、アリーナはぱっとにげだしました。そして、道のそばの崖(がけ)から百メートルほども下を流れている川に飛び込んだのです。
 ハンスたちは、崖にかけよりました。ずっと下の水面に水しぶきが上がるのが見えます。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
5
14 15
18 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析