忍者ブログ

生きるは恥だが役に立つ

そう言えば、「生きて虜囚の辱めを受けず」とかいう戦陣訓もあったようだ。生き残ることが恥であるという状況が、あの当時の日本軍兵士には当たり前であったわけだ。
「この世界の片隅に」のエンディングも「生き恥ダンス」にして、死んだ人間も含め、全登場人物が出てきて踊るバージョンも作ったらどうか。すずさんや周さんやりんさんや晴美が楽しげに踊る姿を見たいではないか。おっと、死者まで出てきたら「生き恥」ではないかwww 





浅利与一義遠 @hologon15 12月21日

『ペリリュー 楽園のゲルニカ』とか『総員玉砕せよ!』とかを原作にして、便乗企画『生きるは恥だが役に立つ』というドラマ作っちゃえばいいのに。略称は『生き恥』 EDの踊る日本兵はブームになるぞ



拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析