忍者ブログ

日本の「大人」の男は子供かキチガイが多い?

「Hatenaダイアリー」から転載。
「徽宗皇帝のブログ」と「日本死ね」つながりである。
日本の男というのは妻を母親と勘違いしているようなところがある。結婚までは母親に身の周りの世話はお任せ、結婚後は妻にお任せで、自分で自分のことは何ひとつしないし、できない。そういう「子供」が、社会で偉そうな振る舞いをしているのが日本である。
まあ、そういう私も食事を作るのは妻や長女任せだが、これは彼女たちの顔を立てて任せている、という面もある。私の方が、少なくとも料理の味に関しては上手に作れる(ただし、料理と言っても、手に入る素材を適当に炒めたりするだけで、「名前」のある料理など作らない。)のだが、彼女たちは、いろいろと工夫したり品目を変えたりする努力もするので、私がやるよりは変化があっていいかもしれない、ということである。私自身は、ほぼ毎日同じ料理でもべつに文句は無いのだが。
掃除に関しては、「あまりに見苦しい、汚い」と感じた時にだけやればいいんじゃね、としか思わない。客が来ようが、普段の姿を見せてもかまわない、と思う。まあ、衛生面でだけは、気をつけるべきだとは思うが、美観はどうでもいい。自然の美しさが外にあるのだから、家の中が乱雑でも問題はない。美しい自然こそが日本の宝だ。家の中を一分の隙も無いように保つというのは、下男やメイド、執事を雇う資力のある英国貴族やアメリカ大富豪の特権であり、下層階級のすることではない。無理なことをしようとするから頭がおかしくなるのである。
というわけで、家事が大変だ、大変だ、という意見には私はまったく与しないのだが、家事を全部奥さんに押し付ける男については、「フェア」の概念が欠如した欠陥人間だ、と思う。少なくとも、共働きをしているなら、家事も半々であるべきで、まして要介護の老親や幼い子供がいれば、それらの世話を全部女性に押し付けて平気でいるのはサイコパスに近い、と思う。その行為は精神的なドメスティックバイオレンスだとすら言えるが、現実には、そういう男がかなりいるのではないだろうか。


(以下引用)

2016-02-21

共働きなのに家事は全部女がやって当然と思われてるから日本死ね

タイトルは便乗です。すみません


初めて日記書くので色々いたらぬ点があったら申し訳ない。


職場の先輩と結婚して1年ちょっと経ったアラサー女です。子供はいません。


夫も私も二人ともそのまま同じ職場正社員総合職として働いてる。


出張も同じくらい行くし、残業も同じくらいしている。


にもかかわらず職場おっさんたちから


愛妻弁当作ってるの?」


「毎晩ご飯作ってるの?」


とか相変わらず尋ねられるの、正直イラッと来る。


「お昼はお互い好きなもの買ってます!夜は早く帰れた日は作りますね」


と答えると微妙な顔されるのもホントイラッと来る。


なんだよ。毎日朝昼晩作れってか?そうじゃない女は妻失格か?というか女失格か?日本死ねよ。


なんで平等に働いてるのに妻が弁当作ってくれると思ってんだ。


同じ出勤時間なのに妻だけ早起きして二人分弁当作れってか?


ただでさえこっちは朝の準備に時間かかるのに、更に早起きしろと?


夫の健康のために?


そのまえに妻が忙しくて健康損ねそうなんですけど。


っていうか夫だって立派なオトナなんだから自分健康管理くらい自分でするわ。


(我々夫婦の間では同意のうえ、昼食はお互い好きに買い食いしようということにしている)


夕食だって帰宅時間早いほうが作ればいいんじゃないの?


(我々夫婦の間でもこれについて同意はしてるが、結局料理スキルが夫の方が低いので料理する比重は私のほうが高くなってしまっている)


おっさんたちにその発想自体がないことに鳥肌が立つ。


同じ職場の既婚女性(そもそも少ない)の先輩方もそうしてると言ってたわ。


それなのに未だにこうした質問が飛び交うのは一体なんなんだ?女に何を求めてるんだ?


一億総活躍社会とか言いながらキャラ弁推奨してんじゃねえよ。


からこんな馬鹿おっさんばっかりになるんじゃないのか。日本死ね


いやわかってるよ別におっさんたちに悪意はないってことも。


おっさんたちが新婚だった時代女性が全部家庭のことをやってくれてたわけだから


どうしてもそういう認識なっちゃうよね。


現代と違うバックグラウンドを持ってるおっさんが、一回り以上歳の離れた私と話さなきゃいけない状況になって


あー、何話そー…そうだコイツこの前結婚したっていってたな…


みたいに色々考えて自分なりに話題あわせてくれてるんだろうなってのも推測できるから


なんか揚げ足取るようにいちいち不満を持つのホントは嫌だよ。


そしてわかってるよ、家事だって大事だと。


でも専業主婦にはなりたくないんだよ。


時代遺物みたいなおっさんたちが思い描いてる所謂理想の妻』像と同じ女になりたくないんだよ。


社会に出ていたいんだよ。


でも私の場合仕事してるかぎりは家事専業主婦と同じレベルにはできない。そんなにハイスペックではない。


夫はそれでもいいと言ってくれているし、私に専業主婦は向いてないだろうからと、家庭に入れとは全く言わないし、家事分担しようとしてくれてはいる。


(それでもやっぱりこれまで実家ぐらしだった夫なので、家事比重は私:夫で7:3くらいか)


夫の理解があることだけが今の私の支え。


家事完璧にこなしつつ仕事バリバリできるスーパーウーマンも中にはいるかもしれないけど


そういうスーパーウーマンしか共働きはしちゃいけないの?


家事仕事完璧で、常に夫のために尽くし、3歩とまではいかなくても常に1歩は下がって着いてくる、そういうスーパーウーマン


あーこんな日本自分の将来に希望なんて持てない。


当然子供なんて産みたくない。


がんばって働いても子供産んで産休取ったらこれまでのキャリアが振り出しに戻る上に


完璧な妻』かつ『完璧な母』までやらなきゃいけなくなる。


日本死ね


海外移住したい。



追記(2/22)


怒りと勢いに任せて書いた記事に多くの反応があってびびってます


落ち着いて読み返したらかなり支離滅裂文章だったので恥ずかしくて部屋でちょっとのたうち回りました。


あたたかコメント賛同コメントを下さった方も批判コメント下さった方も含め、こんな記事を読んでいただきありがとうございます


不快になってしまった方、申し訳ありません。


たったこれだけの一個人の問題日本死ねって言うな、みたいなご指摘がありましたので、少し補足を。


完全に説明不足だった私が悪いんですが、


今回書いた職場の数人のオッサンの事例ひとつだけを取って「日本死ね」へ直結したわけではさすがになく、


職場以外の友人知人や親戚などからも「共働きだろうがなんだろうが家事は女がやってる」という前提で話をされた経験がこれまでけっこうな頻度でありました。


言葉狩りになってしまうので普段はいちいちつっかから適当に流しながら聞いてます。)


私だけでなく自分共働きの友人女性たち(違う会社・違う職業)にも、私と同様の経験をした人もいます


後出しでごめんなさい。


自分の周りがそういう環境だったので、共働きが増えてきた昨今でも


専業主婦一般的だった時代のような「女が家事をしてるのが当たり前」という考え方が日本では未だ主流で、それを疑いなく信じてる人たちが多いと思ってました。


それでそんな風潮がある日本死ね、と便乗までしてしまった。


でも皆様のブコメ見るとそういうふうに思ってない方もいらっしゃるようで、狭い視野の中でカリカリしすぎてたかもと気付くことができました。何か新鮮でした。ありがとう


(そもそもそういう風潮自体妄想だろという批判もありましたが、むしろ妄想であってほしい)


この風潮が私だけの妄想じゃないとしても、スルーするしか方法がないのは悔しいですが、


どうせなにか反論したところでメリットがないこともたしかですよね。スルースキルと諦めスキルを鍛えようと思います


あと、専業主婦を選ぶ方を蔑視してるつもりはありません。


「女が家事して当たり前」と思ってる男性個人的に苦手だから“私は”決してそいつの考え通りの女にはならんと言っただけの勝手個人的意思表明であって


そういう男性と納得の上で結婚した女性のことを貶めるつもりはなく、働く夫と専業主婦問題なく生活している方々の幸せ否定するつもりもないです。


まあそれと同じ理屈で、共働きの家庭の実態幸せ理解してもらえたらお互い気持ちいいかなと思ってます


私の文章が下手なばかりに気分を悪くされた方がいましたら申し訳ありません。


何にしても、ブコメでたくさんの方が励ましていただいてたように、


夫婦間では納得してるんだから我が家では他人になにを言われても気にせず、胸を張って共働き家事分担することにします。


ありがとう


拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析