忍者ブログ

勝ち負けは人の血を湧き立たせる

小田嶋師の、さすがの名コピーである。
私自身はスポーツ観戦は好きだが、あれは「子供の遊び」に「戦争要素(要するに「勝ち負け」観念だが、特にオリンピックは国別の戦いの要素が強い)」を加えた娯楽であり、まさに不要不急の最たるもので、(教育や道徳の世界では)しばしば有害なものだ。
昔のローマ市民が「人とライオンの戦い」や「剣闘士の戦い(つまり人と人の殺し合い)」を見せ物として楽しんだのの現代版がオリンピックである。
戦争映画で人が戦って死ぬ(敵が殺される)のを見るのが娯楽であるように、マラソンで息も絶え絶えの人間がゴールしてばったり倒れるのを見るのも娯楽である。マラソンがオリンピックの花と言われるゆえんだ。マラソンの起源はマラトン(マラソン)の戦いで、勝利の報告のために戦地から長距離を走り戻った兵士が、その報告をした後、死んだ(と思う)故事による。その悲壮美を、観客席という安全な場所から飲食でもしながら見て娯楽にし、感動するわけである。


(以下引用)


現状を見回してみて、全世界的に不要不急なイベントをひとつだけ挙げろと言うのであれば、私は君の名前を呼ぶ。オリンピックと。


拍手

PR

年長の男はおじさん、年長の女はおねえさん

小学生が某研究所の人たちを励ました手紙に「けんきゅうじょのおじさんやおねえさんがんばれ!」と書いてあったらしい。
「おばさん」ではなく「おねえさん」と書く気づかいがこの年でできるとは、将来モテそうである。

(以下、某ツィートより引用)


おじさんや『おねえさん』 (強調筆者) という、細かい気遣いに感動。

拍手

「生産性」は資本主義世界の悪魔の言葉

小田嶋師のツィートだが、私の「マグカップに六分目説」はそういうことを比喩している。
なお、言葉に厳しい小田嶋師が糞インテリ風のカタカナ語(バッファ)を使っているのは、このカタカナ語が世間一般の常識的語彙に入るとの判断だろうか。それとも、該当する日本語が無いと思ったのだろうか。「バッファ」は、私の想像では「緩衝材」か「緩衝装置」のことではないかと思うが、まあ、いずれ調べてみる。「緩衝材」や「緩衝装置」では言葉の範囲が制限されるなら、「緩衝機能」でいいのではないだろうか。とにかく、カタカナ語は、知らない人には通常、推定も不能なことが多い、危険な言葉だと私は思っている。「メルクマール」が英語だと思っている人は膨大にいるのではないか。ネットが出てくるまで、私はこの言葉の意味が調べられず何年も悩まされた。糞インテリ愛用のドイツ語だったのである。(意味は英語の「マーク」と同じと思っていい。意味を知った時には馬鹿馬鹿しさに呆然とした。)
ちなみに、小飼(子飼?)弾が「生産性は凄惨性」と名言を言っていたが、企業御用達経済評論家たちは「生産性生産性」と喚いていた責任を取るだろうか。生産性を高めるとは要するに労働現場&流通市場から「余裕」を駆逐することなのだから。

(追記)今調べると、私の推定で正しいようだ。そして、「バッファ」には「余裕、ゆとり」の意味もあるようだから、小田嶋師の発言は、社会からバッファが消えていることへの批判と言っていい。だが、「余裕」と「バッファ」はいわば文系的表現と理系的表現の違いがありそうで、どちらもお互いには無いニュアンスがある感じもする。一般人に伝えるには、官庁用語的なカタカナ語である「バッファ」と書くよりやはり「緩衝機能」がいいのではないか。「緩衝」だと操作可能性の感じが欠如した力学作用的な意味になるから、「操作可能」性の(物体的な)ニュアンスをも含む「緩衝機能」がベストだと思う。ちなみに、カタカナ語の「ニュアンス」は一般的知名度は高いと思うのだが、どうだろうか。まあ、「感じ」でいいと言えばいいのだが。

バッファは、「緩衝(かんしょう)」という意味の英語【buffer】からきたカタカナ用語で、「バッファー」と表現されることもあります。 緩衝とは、「二つの物の間の衝突や衝撃をゆるめやわらげること。また、そのもの」のこと。



(以下引用)


患者数の増加でたやすく医療崩壊が起こることも、消費者が買い置きをしただけで店頭から紙が消えることも、要は「効率化」「QC」「不良在庫一掃」「トヨタシステム」「選択と集中」てなことを言いながら労働現場&流通市場から「余裕」(冗長性、在庫、バッファ)を駆逐してきたことの結果だと思う。








拍手

泥棒や殺人者が自分を逮捕し起訴するか

赤木夫人のこの言葉は多くの人も同じように感じたことだろうが、残念ながら多くの場合権力(行政)犯罪は行政自身が裁くシステムになっていて、実質的に抑止も懲罰も不可能なのである。だからそれに歯止めをかけるために「三権分立」という制度が採用され「国会が三権の長」となっているのだが、国会が政権与党によって過半数を占められると、「内閣不信任」(つまり内閣総退陣と行政革新)も不可能になり、三権分立も機能しない。これは中学で習うが日本人の大半は理解せず、選挙で常に与党に入れる。まあ、マスコミ洗脳の結果である。マスコミを支配するものは国家を支配するという「ユダヤプロトコル」そのままだ。「民主党革命」が自民党のデマ作戦とそれをバックアップするマスコミの総動員で倒されたことへの反省が日本人には無い。

(以下引用)
相澤冬樹 著書「安倍官邸 vs. NHK」発売中
@fuyu3710
「安倍首相、麻生大臣。あなた方は調査される側で『再調査しない』と言える立場にありません」
命を絶った赤木俊夫さんの妻のけさの言葉です。ヤフーニュースに記事を出しました。





拍手

公的生活(口先)と私的生活(行動)で美徳の使い分けwww

六十過ぎた頃から棺桶に片足突っ込んだ気持ちで生きている私のような人間から見たら、或る意味尊敬に値するお二人だwww 五十七歳と五十二歳のカップルですか。ラブシーンの絵柄は想像したくないwww

まあ、不倫云々は個人の問題だから、こんな「道徳上の問題」を政治問題に持ち込むのはどうかと思うが、一事が万事という言葉もある通り、個人生活でモラルの無い人間が公的生活で清廉潔白な誠実な人間だとはなかなか信じがたいだろう。
私が昔読んだバルザックの『ゴリオ爺さん』の中で、ヴォートランという悪漢が主人公の青年に「美徳というものはな、『切り売り』できないんだぜ」と言うのだが、悪党の言葉ながら美徳の本質に関わる言及だと思う。
もっとも、普通の人間の生活は毎日が「美徳の切り売り」をしているようなものかもしれない。これをネットゲリラ氏風に言えば「口は重宝」www

(以下引用)


日本会議常任理事の不倫写真流出に保守派が動揺する理由


3/16(月) 16:00配信


NEWS ポストセブン


 安倍政権の支持勢力として知られる保守系政治団体「日本会議」の常任理事にして、全国8万社の神社を束ねる宗教法人「神社本庁」の大幹部。そんな“右派の大物”の「ラブホ不倫写真」が流出した。

【写真】女性とホテルから出る小間澤肇氏



「男の名前は小間澤肇氏(57)。神社本庁では秘書部長兼渉外部長を務め、現総長の田中恆清氏の側近でもある。



 写真は2月中旬、妻子ある小間澤氏が部下である秘書課の女性職員Aさん(52)とラブホテルから出てくる姿を捉えたもので、保守界隈に出回っています」(ジャーナリストの伊藤博敏氏)



 本誌・週刊ポストが入手した写真は複数あり、小間澤氏とAさんが東京・歌舞伎町の焼肉店から退店後、付近のラブホテルに入り、2時間後に出てくるまでが映し出されていた。



「小間澤氏は、安倍政権下の憲法改正機運を強力に後押しする政治団体『神道政治連盟』の事務局長も務めており、長年、改憲運動を下支えしてきた人物です。



 写真流出の件で、今後もし彼に何らかの処分が下れば、政権の改憲機運に影響が出ないとも限らない。保守派が揺れています」(同前)



 3月初旬の早朝、本誌は出勤途中の小間澤氏を直撃。不倫疑惑について問うたが、こちらの質問に答えることはなく、無言で去って行った。



 神社本庁に聞くと、



「個人的な事柄に関することですので、回答は差し控えさせていただきます」(教化広報センター)



 とのことだった。保守派としての姿勢が問われている。



※週刊ポスト2020年3月27日号























拍手

メビウス氏の革命的提言


「ネットゲリラ」読者コメントのひとつだが、内容はともかく、政府が今やるべきことをまとめて書いているところは、本当なら経済学者などが提言すべきことだろう。
まあ、メビウス氏の提言も、安倍昭恵に脱げと言うなど、一部頭がおかしい(誰がそんな不気味なものを見たいか!)内容ではあるが、たとえば「電気・ガス・水道・通信などの生活インフラ基本料金の(徴収)無料化」というのは、社会主義国も真っ青の革命的提言である。実際、これらの生活インフラは「生存権」の基盤であるから、未来、それも近未来の世界においては基本的に無料にすべきだろう。要するに、資本主義と社会主義の結婚だ。BI(ベーシックインカム)も同様に導入すべきだろう。

(以下引用)



雀の涙ほどの補助金を交付するくらいなら…
国民のために次のことをやってもらった方がいい


・消費税即刻廃止(消費税率ゼロ%)


・新型ウィルス関係の検査費用と治療費の完全無料化


・高速道ををはじめ有料道路の無料化


・電気・ガス・水道・通信等の生活インフラ基本料金の徴収無料化


・米やパン、麺類、肉、野菜などの基本的な食料を、
 せめて一日一人2食分は無料で配給(配達支給)する
 同様に生活必需品も必要量無料配布する


・公共交通機関の乗車賃の無料化(特に児童・学生や高齢者)


・感染者で無症状・軽症者の者を一時的にを隔離・収容するために、
 宿泊客減少で困窮しているホテルや旅館を政府資金で借り上げ、
 医療スタッフ付きで無償の隔離・治療施設として一時転用する


・とりわけ、オリンピック選手村などの施設を優先して積極活用する


・国、地方自治体の正規公務員の賞与を廃止もしくは大幅に減額する


・国会議員をはじめとした公職選挙で選ばれた議員の賞与を廃止する
 同じく、公職議員の政務活動費を大幅に減額する


・政府閣僚および与党執行部は現在の役職を即時解任されるとともに
 新型ウィルス重症感染者の排泄物の処理作業に専任従事する


・昭恵は脱いで国民にお詫びする


拍手

医者が匙を投げる現状

ゆなという人のツィートだが、これなら私でも医者が務まりそうだwww



(以下引用)



母が行った病院での詳細が少しわかりました。医師に言われた言葉。「インフルも検査ができなくなったので、あなたが風邪だと思うなら風邪の薬を出します、あなたがインフルだと思うならインフルの薬をだします、あなたがコロナだと思うなら2週間自宅待機をしてください。」と言われたそうです。

拍手

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1
8 10
31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析