忍者ブログ

細川の殿様の最良の行動

「ネットゲリラ」から転載。
私は、殿様とか大名というのは山賊の親玉の成り上がりだと思っているから、その子孫もほとんど尊敬していないのだが、その家に歴史、つまり文化遺産を保存し伝えているという点だけは感謝している。皇室については、それこそ日本文化そのものだと思っているから、ひとつの時代の考えだけで断絶させるのは、それこそ法隆寺を古い建築だから燃やしてしまえというようなものだ、とは何度も言っている。ロシア皇帝家(ロマノフ家か?)だって、ロシア革命で皆殺しにせず、恩給でも与えて博物館管理人にしておけばよかったのである。そうすれば、ロシア文化も厚みが出ただろう。一時の興奮で文化資産を滅ぼすのは、子孫に対する罪だと思う。文化資産は子々孫々伝える義務があるのである。
とはいえ、今回の細川元総理のやったことは日中友好の実にスマートな形のもので、彼が現役総理の時にやったすべてのことより良いのではないかwww


(以下引用)




普段、国宝の茶碗でメシを食ってるような人

| コメント(3)

細川の殿様が、蔵書整理で、中国に4175冊というんだが、なんせ古い家なので、タララモノは山ほどある。殿様、陶芸やってるんだが、どうせ殿様の手すさびだろうと思ったら、意外に評価が高いそうで、考えてみりゃ、国宝の茶碗とかゴロゴロ転がっている家だw 普段、国宝の茶碗でメシを食ってるような人なので、目が肥えているw 中国は相次いだ戦乱で、古典籍の多くが失われた。今、中国の金持ちは物凄い勢いで神保町を買い漁っている。珍しい本だと億の値も付くらしいw アベシンゾーが馬鹿な分、こんなロートルまで頑張ってますw

2018年6月27日、細川護熙元首相が自身が理事長を務める永青文庫の収蔵する漢文書籍4175冊を中国に寄贈したことが、中国のネット上で話題になっている。
中国メディアの澎湃新聞は、北京市の中国国家図書館で26日、漢籍の贈呈式が行われたことを伝えた。
中国訪問中の細川元首相は贈呈式であいさつし、「日中平和友好条約締結40周年の節目に寄贈することができて喜びに堪えない」「研究に役立ててもらえば大変うれしい。中国の悠久の歴史に必ずや資するものと確信している」などと述べた。
中国のラク樹剛(ラクは各ヘンに隹)文化観光相は、細川元首相の日中友好事業への尽力に謝意を表明し、「新しい時代の中国と日本の文化交流と協力のモデルとなり、推進する役割を果たす」と述べた。
澎湃新聞はまた、香港・文匯網の報道を引用し、今回の寄贈について「日本から中国への漢籍の寄贈として1945年以降で最大規模のものだ」とし、「その中には、唐代末期から1000年も失われていた政治参考書『群書治要』全50巻など、中国の歴史から失われて久しい重要な書籍も含まれる」とも伝えた。

まぁ、研究者としては、デジタル化されたアーカイブがあれば本物はどうでもいいわけで、ネトウヨみたいにギャーギャー騒ぐ必要もないんだが、それにしても、マトモな政治家が出てくると、アメポチどもが寄ってたかって引きずり下ろすという現象は、そろそろヤメにしていただきたいw

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
7 10
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析