忍者ブログ

天国の鍵35

その三十五 ギオン寺

 ギオン寺は、広い敷地(しきち)の中にいくつかのたてものがあるお寺です。どちらかというと、お寺というよりは学校みたいです。あちこちのたてものは生徒の寄宿舎みたいです。オレンジ色の長い服をだらりと肩からかけるように着たお坊さんたちがあちこちにいます。話をしたり、木の下で考えこんでいたりしていますが、とても静かで平和なふんいきです。
「あのう、ブッダルタという人に会いたいんですけど」
 ハンスが一人のお坊さんに言うと、そのお坊さんはおどろいた顔をしました。
「なに、ブッダルタ様にお会いしたいだと? お前のような子供がブッダルタ様になんの用だ」
なれないグリセリード語ですが、相手がなにを言っているのかはけんとうがつきます。でも、自分の用件をグリセリード語でなんと言えばいいのでしょう。
「ぼくはブッダルタと話したいのです」
「ブッダルタ様はおいそがしいのだ。お前のような子供とは会わん。話が聞きたかったら、午後の説法(せっぽう)を待て」
 アリーナに通訳してもらって、相手の言っていることはわかりました。しかたなく、ハンスは午後の説法があるまで、そのへんで待つことにしました。
 お寺の中心部には、草の生(は)えた大きな広場があります。あちこちには木が生えていて、いい木陰もあります。たくさんの人がそこに集まってなにかを待っているようすなので、きっとここでブッダルタの説教が行なわれるのだな、とハンスは思い、アリーナといっしょに草の上に腰をおろしました。
 日ざしがあたたかく、草のいい匂いに包(つつ)まれているうちに、ハンスは少し眠気がさしてきました。
 気がつくと、しんと静まり返った広場に、ただ一人多くの人々にむかって語りかける男の声がします。
 ハンスは、今いっしゅん眠り込んだあいだに、なにか大切な夢を見ていたような気がしましたが、それがどんな夢だったのかもう忘れてしまいました。大空に吹き上がる噴水に太陽の光があたり、虹ができて、それからどうなったのでしょう?……思い出せません。
 ハンスは夢を思い出すことはあきらめて、広場の前で人々に語りかける男を見ました。まだ三十歳くらいの、品のいい中肉中背の男です。頭はきれいにそって、身なりは他のお坊さんとかわりません。これがブッダルタなのでしょう。
 男はグリセリード語ではなく、この土地の言葉で語っているようです。人々は一心にそれを聞いていますが、ハンスにはわかりません。しかたなく、ハンスは直接(ちょくせつ)男の心を読み取ろうとしました。すると、男はおどろいたように話をやめ、ハンスの方に顔を向けました。しまった、とハンスは思いました。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
12
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析