忍者ブログ

紅白歌合戦と正月の遊びのこと

私はノスタルジックなものが好きなので、明治、大正、昭和初期の文化を好ましく思っている。日本の文学、詩歌などもこの頃までのものが好きだ。
現代の文化ではマンガとアニメ以外にはほとんど興味は無い。特にJポップなど、まったく聞く気も起らないから、当然、紅白歌合戦など、ここ20年ほど見ていない。例外は、植木等が出た(最晩年のころだ)回のみで、小林信彦のエッセイによると、植木等をそれまでまったく見たことの無かった、氏の子供が、植木等にもの凄いオーラを感じたようだ。(「輝いて見える」と言ったのだったか。)実際、私にもそう見えた。見たいと思ったが見なかったのが、昨年の丸山明宏(美輪明宏)である。彼の「ヨイトマケの歌」は、日本歌謡史に残る名作で、彼が芸能界には珍しく歯に衣着せぬ発言をする根底には、この「ヨイトマケの歌」的な精神が確固としてあるのだろう。昨年のそのステージも素晴らしいものだったようだ。(昨年だったか、一昨年だったか、紅白自体に興味が無いので不確かだが。いや、今の時点では昨夜の紅白が既に昨年であった。)

さて、下に引用したのは、私の父親より少し上の世代の人の書いた懐古的な記録で、ネット上にあったその記録を保存してあった中から、正月向きの話題を選んで掲載した。これ自体、かなり古い記事なので、今ではそのサイトもあるかどうか不明である。サイトの名前も失念した。まさに往時茫茫である。
私自身は昭和中期に子供時代を送ったが、その頃も正月の子供の遊びのメインは凧揚げと独楽回しだった。後は、子供雑誌の付録に道中すごろくなどもあった気がする。道中すごろくは兄弟で自作して遊んだような記憶もうっすらある。沖縄では百人一首などの優雅な遊びをする家庭は少なかったと思う。トランプ遊びの方が一般的だったか。
今の子供の正月の遊びはたぶんテレビゲームだと思うが、凧揚げや独楽回しのように手先の技術を要する遊びや、トランプ遊びのように他人を相手に頭を使う遊びを子供の頃にやらないで育つと、何かが欠落してしまいそうな気がするのだが、それは取り越し苦労だろうか。テレビゲームでの思考とは要するに「合理的選択」の連続にしかすぎないのであり、そういう思考だけで育った人間は、人間社会を「経済的合理性」だけで判断する人間になりそうな気がするのである。


(以下引用)

 

大正の遊び


正月の遊び


男の子の正月の遊びと言えば、家の中ではいろはかるた、双六、皆でやる福笑いなど


で、姉の友達が華やいだ服装で集まる、正月ならではの百人一首を見ているのも結構面


白かった。


子供たちも入れてくれる、百人一首の坊主めくりで皆で楽しんだものである。


家族合わせというゲームのことを、耳にするが、この体験はない。


「陸軍元帥大山巌の奥さんを頂きたい」と相手に呼びかけて、その相手が持っていれば渡


さなければならない。


「おわいにくでした」と断られてがっかりしたり、それでもなお持っていて断っているのでは


ないかと疑ったりする。一度外れると、同じ職業をのカードを集めかけている人に番が廻


ったとき、根こそぎ持っていかれる。


数多くの職業者の主人、妻、男子、女子、それに召使か何か、五枚組位の家族札わ集め


ると一点獲得となる。


というゲームだそうだが、その体験はない。


外ではメンコと凧揚げが一番の楽しみだった。


いくらでも空き地があり、凧揚げするのに場所探しの苦労はなかった。


高年の男の子は喧嘩凧で、相手の凧を引きずり落として、得意がっていた。


拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1
8 10
31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析