忍者ブログ

これからの世界政治のシナリオ

「阿**」から転載。
投稿者の仁王像という人は一時「阿**」にやたらに投稿していた人だが、あまり好印象は残っていない。ここでの投稿も、コメント5を見ると、鵜呑みにはできない感じである。
シリアが欧米から政権転覆工作を仕掛けられているのは、アサドが独裁者だからという噴飯物の理由ではなく、その背後にいるロシアを倒すためだろう。ロシアに味方する者はすべて潰す、ということだ。
あっしら氏など、ロシアとアメリカは裏で通じている、という意見だったと記憶するが、どこをどう見ればそういう意見になるのか、疑問である。近年の世界政治の出来事を見れば、明らかに、欧米の支配層は

1.イスラム教勢力を叩き潰すこと。(そのために、「イスラム」を自称する「イスラム過激派」や、その他の現地テロリストを使っている。)

2.ロシアを潰すこと。

の2点を現在の最大の目標としていることは確実ではないか。それはあらゆる証拠が示していることで、それに対する異論は悪しき意味での「陰謀論」、すなわち妄想の類になると思う。
イスラム勢力が欧米支配層の当面の攻撃目標である理由は、石油資源と、そしてイスラム教の教義(利子取得を不正と見ること)にあると思われる。
ロシアが敵であるのは、プーチンがユダ金をロシアから追い出したこと、つまりプーチンがユダ金の敵であることが理由だろう。ユダ金とは欧米支配層とほとんど重なっているのだから。
私は、シリアがここまで粘っていることに感嘆する者である。ほとんど全欧米を敵に回しているのだから。だが、それもロシアが背後でそれを支えているのが大きいし、シリア国民自体がこれほど内乱で被害を受けていると、いくらアサドを国民が支持していても、限界があるだろう。
シリアのアサド政権が倒れたら、欧米のその次の「敵」はどこか。中国だとは私は思わない。むしろ、ロシア本体だろう。ロシアのプーチンを独裁者だとしてロシアに内乱を起こすというシナリオが一番可能性が高いと思う。
もちろん、中国と日本を衝突させるというプランも可能性は高いだろうが、それは「欧米の戦争」にはならないと私は思う。
いや、第三次世界大戦が起こったほうが欧米支配層には都合がいいだろうが、全面核戦争は避けたい欧米にとって一番いいのは、欧米とは無関係にアジア内部だけで戦争が起こり、欧米は軍需景気で経済的に栄えるというシナリオだろう。



(以下引用)



内藤正典「(現地の)多くの新聞が昨日トップで”恥を知れ”と非難の言葉を伝えている。誰に向かって言っているのかというと、
http://www.asyura2.com/15/kokusai11/msg/369.html
投稿者 仁王像 日時 2015 年 9 月 05 日 07:22:43: jdZgmZ21Prm8E
   
 

(回答先: 中東などからハンガリー 駅に多くの難民ら流入し混乱~オルバン首相は、EU大統領らと協議へ/nhk 投稿者 仁王像 日時 2015 年 9 月 04 日 20:47:39)


       (昨夜の報ステ)

〔”難民問題”解決策は・・・内藤正典教授に聞く〕


 難民の大半はシリアからである。


 内藤(トルコ・チェシュメ)「(現地の)多くの新聞が昨日トップで”恥を知れ”と非難の言葉を伝えている。”恥を知れ”とは誰に向かって言っているのかというと、一つはヨーロッパ(EU諸国)である。当初、難民の人たちが「移民」だと言われていた。「移民」というのは自分の意思で海を渡っていく人たちのこと。ところが彼らは母国でとても生活できるような状態にはない人たちだ。そこから逃れていく人たちは難民なのだ。
 この「難民」という言葉さえ、ヨーロッパでは最近まで使わなかった。この悲劇の写真をきっかけに「ああ難民だったのだ」と大きく転換した。しかしトルコの新聞が書いていたのは、何故ここまで放置したのだ、ということ。
 もう一つの怒りは、何故シリアの内戦の元を断たないのか、ということだ。この難民は受け入れ国がいくら受け入れても(それは大事なことだが)、内戦で命からがら逃げてくる人々を減らさない限り決して終わることはない問題である。
 すでにトルコでは200万人近い難民を抱えているので、トルコの一般的市民の感情としても何故これまで国際社会はシリアの内戦を見捨ててきたのか、と怒りの声が渦巻いている」


 古舘「NATOはこの時期、どう動けがいいのか」


 内藤「NATOは軍事同盟だから、動くとすればシリアに軍事的に介入することになる。トルコは数週間まえから有志連合の一員として「イスラム国」を攻撃するということは決めている。しかしトルコは単に有志連合として集団的自衛権を行使するというのではない。トルコとしてはこの膨大な数の難民を安心な暮らしをできる領域をシリア側に造って貰いたいのだ(安全地帯)。この安全地帯を造るための軍事力の行使でなければ応じられないという立場をとっている。
 仮に難民を収容できる大きな土地をシリア側に造ったとしても、そこの上空にアサド政権の空軍が来て爆弾を落とせば、また元の木阿弥になってしまう。だからそこのところをギリギリのところでトルコはアメリカと協議をしているが、NATOがアフガン戦争のように全面的に武力行使の形でもし何らかの行動を起こすとなると状況はさらに悪くなってしまうかも知れない。やはり第一にはまず国連の場(安保理)で協議をすることだ。結局シリアの政権のバックにはロシアがついているので今まで一度も制裁というものを課すことができなかった。これはもう限界だ。ロシアも国際社会にたいして難民の状況を直視しなければならないと思う」  



   
 


     


  拍手はせず、拍手一覧を見る






コメント
 
1. 2015年9月05日 16:23:21 : EJuYb4swSI
シリアの難民を造り出しているのは、ISIS (アイシス/テロリスト)。
ISIS の背後にいるのは、米国(CIA)、英国(MI6)、イスラエル(モサド)、サウジ、トルコ。

テロリストはどっちでしょう?
http://songcatcher.blog.fc2.com/blog-entry-1181.html


2. 2015年9月06日 03:07:17 : I358OMCgVk
>>1

その通り。
軍事的手段を行使すべきなのはシリアアサド政権に対してではなく、
「米国(CIA)、英国(MI6)、イスラエル(モサド)、サウジ、トルコ」へだろう。


3. 2015年9月06日 16:04:51 : WRce3PEqXk
1,2

その通り。
よって、欧米がアサド政権を認めて、
本気で反政府勢力との和平交渉を進めれば、
難民問題はなくなる。
内籐がロシアを非難しているが、筋違い。


4. 2015年9月07日 07:16:17 : eymBupgZKk
テレビの解説者には、まともな人はいない。知識がなくて間違ったことを言うか、意図的に嘘をつくか。皆が知らないと思って、専門家面して、アメリカ様の主張を繰り返すだけの人は多い。
こいつ、怪我をしたイスラム国の民兵をヘリコプターでイスラエルに運んで治療してることなんか、知らないんだろうな。たとえ聞いたことがあったにしても、すべて陰謀論で片付けてしまうか。それにしても、「シリアの政権のバックにはロシアがついているから、制裁を課せなかった」って、ロシアが国連安保理で拒否権を持ってるから制裁できないと言いたいんだろうが、そのロシアはアメリカやEUから一方的に制裁課せられているじゃないか。
日本人があまり知らない話題だと思って、首尾一貫性のないことを言ってる。「もう限界だ」ってなんだそれ。何も知らないくせして。

5. 2015年9月07日 19:52:05 : c9yyFac42U

内籐氏の発言を検索してみた。曰く。

「アメリカは、ガセネタで戦争をする国。象がアリを踏み殺しても、象は何も痛みを感じないが、アリは一貫の終わりだ。日本はアメリカの影にかくれて、象のふりをするのか」


「1人でも子どもを殺したら、16億のムスリムは日本を信頼しない」


http://iwj.co.jp/wj/open/archives/144653


これを見ると、シリア難民とロシア悪者説とは結びつかない。
この記事の抜粋と編集には悪意が感じられる。
内籐氏をおとしめるため?
読者を誘導するため?
???



拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15
24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析