忍者ブログ

「ブリタニア」占領下の日本

「wantonのブログ」から転載。
「コードギアス 反逆のルルーシュ」というアニメがあって、その設定は日本が完全にアメリカ(作中では「ブリタニア」と呼ばれている。)に植民地化され、日本人は劣等民族として差別され、ブリタニアの連中が日本内で貴族のようにふるまっている、という状況のようだ。そこで起こる日本人による革命の話のようだから、話としては面白そうなのだが、私はこのアニメのキャラクターの絵柄が大嫌いなので(クランプとか何とかいう漫画制作集団によるもので、ある時期から12頭身くらいの、異常な細身、異常な頭身の絵柄に変わってきた。アニメそのものは見ていないが、かつての「CCさくら」の頃の絵柄はまともだったと思うのだが。)、2回目くらいまで見て、投げ出してしまった。アニメや漫画の絵柄は、それが嫌いな人間にとっては絶対的な拒絶感をもたらすものだ。なお、私は「ワンピース」の絵も大嫌いなので、まったく読む気がしない。顔の下半分が口で、上半分の大半がぎょろりとした目なんて、髑髏のイメージしかない。気持ち悪い顔である。まあ、海賊の話なのだから、主人公の顔がジョリー・ロジャー(海賊旗)に似ていてもいい、というわけか。
というように嫌いな事柄について語ると、それを好きな人全員を敵に回すことになって、いいことは何一つ無いのだが、思いつきを喋り散らかすというのがブログの意義だと私は思っているから書いてみた。
で、「反逆のルルーシュ」は、今の日本の姿の戯画であり、まさにその実体を描いているという点で、勇敢なチャレンジだったと思う。「他人の心を操る超能力」のようなSF的ガジェットに逃げず、リアルな「日本独立戦争」「独立革命」を描いていたらなあ、と残念でならない。
今の日本が「占領軍」の支配下にあるということを示す一例が下の記事である。


(以下引用)


米国防総省はNHK内で情報検閲を行なっている

http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/nhk-4a23.html


 


 ・・・もともと日本の大手メディアには問題が多かった。
   私は旧知のNHKの報道マンに連絡をとると、報道を担当する


知人は声を潜めながら、驚くべき発言をした。

「実は(当時2010年の)2年ぐらい前から、NHKの敷地内に


ペンタゴン(米国防総省)専属の秘密部署が作られ、


そこで『検閲』が行なわれるようになっているんだ」

彼が言うには、検閲には二通りあり、一つは反米につながるような


ニュースをクローズする(隠す)こと。そしてもう一つは、


反米的な政治家や著名人のイメージダウンを図るような情報を


積極的に「報道」することだという。

   NHKは日本人にとってもっとも重要な報道機関であり、


そのために視聴者が受信料を払って運営する公共放送である。


そのNHKを、アメリカの国防総省(ペンタゴン)の情報担当者が


「検閲」して、世論操作を行なっているのだ。





-引用終わり-


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



311からなる福島原発事故の時、ネットの多くの心ある人達が、


連日、警戒を呼び掛け身を護ることを訴え続けたのは周知の事実。


しかし、その努力の多くは徒労に終わってしまいました。


放射能の危険を知らせると基地外扱いされたと、よく聞きました。


テレビや新聞の報道を信じて疑わなかったそうです。



特に、NHKの報道には絶対の信頼を置いていたといった噂を


何度も目にした記憶があります。


地域別でいうと、秋田や岩手などよりも青森などのより地方に


行くほど、そういった傾向が顕著にみられるとの話が出ていました。



あちこちで、


被爆の危険性を訴えても、全く相手にしてもらえなかったと・・・


「NHKでは、そんな話は一切していない。おかしな話をするな」


といった具合ですが、群馬や栃木などの関東でも同様の


話が出ていたのを私もブログを通して度々聞かされました。





何十年も続けて刷り込まれ、洗脳され続けて来た人間の意識とは、


このようになるといった良い見本のような話です。


学校教育から、社員教育、テレビ・新聞による何十年にも及ぶ洗脳。


学校においては、異論を挟まず問題意識すら持たない人間が養成され、


会社では、ただひたすら従順たれと社畜教育され続けるのを


この目で数十年も見せられて来ました。





原発は必要ないといった国民の世論が、8~9割だというのに、


原発を強く推進する安部政権の支持率が70数%だと報じる


テレビ・新聞のイカサマ世論調査報道のあまりの酷さに思わず絶句!





何も考えさせないようにして、毎日のようにバカ番組ばかりを


垂れ流すテレビの影響は、計り知れない。


2011年の311があった翌日、会社の喫煙室での会話は、


福島や宮城の地震と津波による大災害ではなかった。


「AKBがどうした、こうした」・・・といった話をしているのだ。


それから、数週間のあいだには、放射能のホの字も出て来ない。


これが、現実なのだ。





メディアにおいても、たまに良心的な人間が出て来ると、


即座に抹殺される。


NHKも例外ではない。





驚愕の真実!やはり9.11の真実を語り、


NHK解説委員主幹長谷川浩さんは殺された!


http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-937.html


 


 


NHK人工地震番組の放送担当者、暗殺か !


http://ameblo.jp/64152966/entry-10987423965.html




拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
13 14 15
17 18
25 26 27 28 29
30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析