忍者ブログ

貰ったカネはすべてオレのもの、主義


この問題について私は何の知識も無いが、近畿圏での海外とのアクセス地点が関空しか無いという状態のほうがおかしいのではないか。しかも、海外渡航を関空だけにしたのは、関空の需要を上げ、ペイするようにするための関空救済措置だったのを、まるでそれが永遠不変の権利であるかのように、他の空港からも海外渡航ができるようにしようという意見を「火事場泥棒みたいや」と言うのは、あまりに根性が汚いのではないか。



(以下引用)






 台風21号による被災を契機に、関西国際、大阪(伊丹)、神戸の3空港の役割分担を見直そうとする動きについて、関空の地元・大阪府泉佐野市の千代松大耕市長は27日、「火事場泥棒みたいやと思った」と強い言葉で非難した。現在国内線限定の伊丹、神戸両空港での国際線就航に強い警戒感を示した。


 9月の台風による浸水被害で関空は一時閉鎖。復旧までの特例として、伊丹、神戸での発着制限が緩和された。実現はしなかったが、国際線の代替も計画された。


 官民で3空港のあり方を議論する「関西3空港懇談会」は2005年、当時需要が低迷していた関空救済のため、伊丹や神戸を国内線に限定した。近年は訪日外国人が急増。関空に国際線が集中するのはリスクもあるため、関西経済連合会が3空港懇の年内開催を目指し調整している。


 記者会見で千代松市長は「伊丹や神戸は、国際線就航の実績につながると考えていたのではないか。言葉は悪いが、火事場泥棒みたいやと思った」と述べた。さらに「関空の発着枠はまだ満杯ではない。2期島も半分が空き地のままだ」と強調し、見直しの動きにくぎを刺した。【蒲原明佳】








拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
7 10
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析