忍者ブログ

「風の中の鳥」の紹介

「風の中の鳥」は、物語が半分、作者の駄弁が半分という「半エッセイ小説」で、フィールディングの「トム・ジョウンズ」という偉大な先例をその部分でだけは真似している。中身は実は「権力と政治」についての考察が基本なのだが、物語部分はかなりいい加減である。それに最初の部分は文章も固くて読みづらいし、エロ話めいた部分もかなりあるので、18歳未満禁止と断っておいたほうがいいかもしれない。また、この話は女がかなりひどい目に合う小説だし、大量に人が死ぬ。そういう話が嫌いな人は読まないほうがいいかもしれない。逆に、「そういう話」を期待すると、かなり期待外れになるはずだ。というのは、この話の中のエロも死体もいわば「統計レポート」的な報告にしかすぎないのであり、煽情的描写をする筆力など作者にはまったく無いのだから、それらはただの「思考材料」として書かれているのである。そういう変な小説だが、私にとっては書いていて楽しかった小説である。書いた本人同様にこの小説を楽しんでくれる人が一人でもいれば幸いだ。

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
9
15
24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析