忍者ブログ

軽はずみな絶望

漫画家山本貴嗣の昔のブログ記事の一部だが、「軽はずみな絶望」という表現が面白く、また日本人論としても示唆的だと思うので転載する。
山本氏は「戦闘(アクション)漫画」をたくさん描いている人で、そういう人はなぜか(まあ、自衛隊などに取材して仲間意識が植えられるのだろうが)政治的にも右翼的(基本的に闘争を「現実」として肯定し、平和を単なる観念だと見做す。)であることが多く、実際氏はその傾向があるので、私は氏の思想的対立者だが、彼のブログやツィッターはよく読むのである。
「日本人は物事をあきらめやすい」というのは日本人の大きな特徴かと思う。K・V・ウォルフレンの「シカタガナイ」である。だが、日本が「頭から腐」(スゥイフトが狂死する少し前に、庭の樹を見て、「俺はあの樹と同じだ。頭から腐っていく」と言ったという。)ろうとしている今、あまりに軽はずみに絶望するのは、自分の子や孫に対して顔向けできない卑怯そのものの行為だろう。

(以下引用)


 30年近く昔の話ですが、友人が大学の授業で聞いた話で、子どもが襲われたときの母親の反応。
 アメリカなどでは、子どもを背中に隠して敵に正面を向けて立ちはだかるのに対し、日本では子どもを抱きかかえるようにして敵に背中を向けてしまう。
 それじゃいいように殴られたり刺されたりして危ないだろうとも思うんですが、それが民族性なんだから仕方がないです。どうせケンカじゃ勝てないから精一杯守ろうという母心でしょうか。気持ちはわかります。
 30年も昔の授業のことで、今は心身ともに当時よりも欧米化が進んでるかもですから、そのまま当てはまるかどうかは不明ですけど。

 ただ、それに類する話で私にも思い当たることがありまして

 昔武術の取材をしていて聞いた話で、日本人はすぐあきらめる。
 Aという技(たとえば前進しながら敵の腕を巻き込むとか)をかけて相手が倒れないと、あ、これはダメなんだと、やめてしまう。
 たとえば、その同じ技をそのまま前進しながら三回連続すれば倒れるのに、一回でやめてしまう。
 これは無駄な技をゴリ押しで繰り返すのとは意味が違います。
 銃器にも三点バーストというのがありますね。同じ銃の弾丸でも、集中して三発、連続してほぼ同じポイントに叩き込むことでより確実に威力を増す。
 いさぎよいというのは、ある種の美徳、美点ではあるのでしょうが、それがTPOを誤ると軽はずみな絶望になってしまう。

 一を聞いて十を知ったつもりになるのは危険ですが、
 この「潔さ」をはき違えた「軽はずみな絶望」は、今の日本社会を覆う多くの精神面の病理に関係があるのではないか。
 私の集められるデータではあまりに限りがあって、なんらかの結論を出すのは無理なんですが
 何かそういう機会のある方は、お調べになってもおもしろいかもと思いました♪

拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
7 10
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析