忍者ブログ

私の枝野への評価は地に堕ちた

私も(民主党分裂時に憲法擁護姿勢を明確にしたことで)立憲民主党にはある程度の期待をしていたが、党立ち上げ時の真面目さが完全に失われ、単なる「既得権政党としての野党」に堕したのが、野党共闘への冷淡さ(特に共産党排除姿勢)などで明確になってきたので、下の「野田豚との連携」は「(重荷を負ったラクダの背骨をへし折る)最後の藁一本」である。もはや、立憲民主党には愛想が尽きた。まあ、もともと枝野も小沢鳩山を追い出した連中の一員だったが、その中では(憲法遵守姿勢があるだけ)マシな奴かと期待していたのだ。だが、人間の本性は変わるものではないようだ。







これが本当なら立民には二度と投票しない。






拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

12 2020/01 02
S M T W T F S
7
13
24 25
26 27 28 29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析