忍者ブログ

身体髪膚之を父母に受く 敢えて毀傷せざるは孝の初めなり

禁固刑や懲役刑が犯罪者更生には役に立たないというのには賛成だが、鞭打ち刑もさほどの効果はないだろう。
私のお勧めは、顔(額)に特定の入れ墨をすることである。カインの印だ。そうすれば、その人間を見ただけで他人は近づかなくなるだろうし、近づく馬鹿は勝手に被害を受ければいい。
入れ墨と同時に、身体の一部を切除する。泥棒ならまずは人差し指1本の切除。再犯ごとに他の指も1本ずつ切除する。レイプ犯なら男根切除である。ただし、レイプか和姦か女性による陥れかの判断は困難だろうから、再犯の場合のみでいいだろう。
要するに犯罪使用箇所の切除だが、そうすると経済犯は頭部切除かwww まあ、全財産没収が、カネの亡者には一番手痛い刑罰だろう。
重犯者には断種手術が適当。女性犯罪者には、鼻削ぎがいいのではないか。これが一番きつい刑罰だろう。結婚詐欺の男も同じく鼻削ぎ。
まあ、こうした身体部位の切除という刑罰(法律用語は失念)というのは、犯罪以外での身体障碍者が犯罪者と間違われるという人権問題から忌避されているのだろうが、入れ墨との併用で、その誤認は防止できるかと思う。
ついでに言えば、政治犯(政治批判・政権批判)というのは現在の政治によって不幸になる人を救うための人道的行動だから、テロリスト以外は犯罪ではない。

(以下引用)






スターシップ・トルーパーズか。








拍手

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
16 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新CM

プロフィール

HN:
酔生夢人
性別:
男性
職業:
仙人
趣味:
考えること
自己紹介:
空を眺め、雲が往くのを眺め、風が吹くのを感じれば、
それだけで人生は生きるに値します。

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析